キャンプのテント内で石油ストーブをつけたまま寝るのはNG【一酸化炭素と換気に注意】
My camera

こんにちは、山キャン情報室 管理人の亀太郎です。

最近、ブームになりつつある冬キャンプ。

冬は寒いですが、夏にはない魅力がたくさんあり、石油ストーブさえあれば、夏より冬の方が快適。

でも、テント内で寝る時も石油ストーブはつけたまま寝るの?消したら寒いじゃんっていう声も。

結論からいうと、キャンプのテント内で石油ストーブを付けたまま寝るのは絶対NG。ここでは、そんな理由を一酸化炭素とテント内の換気方法も含めて紹介します。





マジで怖い一酸化炭素中毒

一酸化炭素中毒の怖さを素人の僕が語るのもおこがましいので、専門家のサイトから引用します。

一酸化炭素中毒とは、一酸化炭素を吸い込んでしまうことで血液中の酸素が非常に少なくなってしまう、極めて緊急性の高い危険な中毒です。

一酸化炭素は、ものが不完全燃焼すると発生しやすくなります。そのため、換気が不十分な場所で火を使用することや、火災などが原因で一酸化炭素中毒となることが多いです。

一酸化炭素は危険なガスですが、臭いもなく色もついていません。そのため、一酸化炭素中毒を防ぐには、一酸化炭素が発生しやすい状況をつくらないことがとても重要です。

 一酸化炭素は、空気とほぼ同じ重さで「無色」、「無臭」、「無刺激」のため、見分けることが難しい気体です。

初期症状として、「頭がフラフラする」、「顔が火照る」などといった症状です。しかし暖房をしている室内では、温度も高くポカポカしている状態であるため、フラフラしたり火照ったりしても、それがガス中毒による症状だと分からないことも多い

こうやって書くと、一酸化炭素中毒、マジで怖いですよね。

なので、テント内で石油ストーブを使う時は換気が絶対必要で、その換気方法のポイントを次に紹介します。

テント内で石油ストーブを使う時の換気方法のポイント

オガワ ピルツ15
出典:OGAWA CAMPAL

 

僕は、オガワのピルツ15のフルインナー付きで冬キャンしてますが、こんな特徴あります。

  • 隙間風が入ってこない分、暖まりやすい
  • 完全にテント内空間が密閉される

なので、テント内では換気には神経質になった方がよいかと

換気のポイント

  • テント内は密閉されているので換気は絶対必須
  • さらに、側面の小窓と天井の換気口を常時オープン

インナーの上部はフルオープンなので、こんな↓感じで、換気口の調整ロープを引いて、天井換気口を開けて使ってます。

天井換気口
My camera

以上が僕の実体験ですが、冬キャンで石油ストーブも使う予定なら、換気がしっかりできるテントを選ぶことが重要です。

一酸化炭素警報器も備えておこう

一酸化炭素警報器
My camera(一酸化炭素警報器)

換気に加えて、一酸化炭素警報器をテントにぶら下げておいたほうが良い。っというか、必須装備。値段も2000円程度。

これまで、鳴ったことはありませんけど、これで安心を買えるなら安いです。

ネット↓で簡単に購入できますよ。

キャンプのテント内で石油ストーブをつけたまま寝るのはNG

以上、一酸化炭素と換気について紹介したように、テント内で石油ストーブ使う時は細心の注意が必要かと。

起きている時は、そんなに神経質になる必要ありませんが、絶対に避けなければいけないことは、これ↓。

キャンプのテント内で石油ストーブをつけたまま寝るのはNG

僕は一酸化炭素中毒でぶっ倒れたことはありませんが、真冬にテント内を誤って締め切っていたことがあり、酒飲んで眠くなって一瞬ふら~っとしたことあります。

寝る時に寒いじゃんって方には、こんな↓記事を書いていますので、参考にしてください。

まとめ

以上、キャンプのテント内で石油ストーブを付けたまま寝るのは絶対NGということを、一酸化炭素とテント内の換気方法も含めて紹介しましたが、いかがでしたか?

一酸化炭素中毒は怖いですが、冬キャンプはハイシーズンの夏では判らなかった魅力がたくさんあります。

安全対策をしっかりして、是非、行ってみてください。