アンナプルナが死亡率30%を超える理由|南側は岩壁の脅威!北側は雪崩の脅威!
出典:フォートラベル

こんにちは、山キャン情報室 管理人の亀太郎です。

ヒマラヤのアンナプルナ、サンスクリット語で「豊穣(ほうじょう)の女神」

美しい名前ですが、別名「キラーマウンテン」として、世界で一番危険な山で恐れられている山で有名ですよね。

その死亡率は30%を超えているそうです。

ここでは、アンナプルナが死亡率30%を超える理由を徹底調査したので、紹介します。

その理由は、「南側は岩壁の脅威!北側は雪崩の脅威!」





アンナプルナが死亡率30%を超える理由|「豊穣の女神」なのに「キラーマウンテン」

アンナプルナ
出典:YAMA Trip

アンナプルナは、ネパール・ヒマラヤの中央に東西約50 kmにわたって連なる、ヒマラヤ山脈に属する山群の総称。

第1峰(8,091 m)、第2峰(7,937 m)、第3峰(7,555 m)、第4峰(7,525 m)からなり、第1峰の標高は世界第10位。

サンスクリット語で「豊穣(ほうじょう)の女神」

初登頂は1950年で、人類が足跡を刻んだ初めての8,000 m峰
3年後にエベレストが登頂されるまでは人類が登頂した最も高い山でした。

美しい名前の反面、死亡率は30%を超えており、8000m峰の中では断トツの死亡率で、別名「キラーマウンテン」と呼ばれている非常に危険度の高い山です。

では、なぜ、「キラーマウンテン」っという異名がついているのでしょう?



アンナプルナが死亡率30%を超える理由|南側は岩壁・北側は雪崩の脅威が!

アンナプルナ
出典:Tabit life

アンナプルナは初めて登頂された8,000m峰ですが、他の8000m峰に比べても、死亡率が30%を超えており、登頂するには非常な危険を伴う山としても有名です。

では、死亡率30%って、他の山と比べて、どれくらい高いのでしょうか?

死亡率30%は断トツ

アンナプルナは2012年3月時点で191人しか挑戦していませんが、それに対して死亡者は61人

エベレストの登頂者数が約5000人で、死亡者は64人であることを考えても、その難易度がどれだけ高いかわかるかと思います。

世界の”8,000m峰14座”のデータを下に示しますが、あのK2でさえ25%。アンナプルナ、すごすぎです。

8,000m峰14座の死亡率

死亡率(%)=死亡/登頂比(2012年3月時点)

  • 1位 アンナプルナ(31.9%)
  • 2位 K2(26.5%)
  • 3位 ナンガ・パルバット(20.3%)
  • 4位 ダウラギリ(15.4%)
  • 5位 カンチェンジュンガ(14.1%)
  • 6位 マナスル(9.8%)
  • 7位 ガッシャーブルムI峰( 8.7%)
  • 8位 マカルー(8.6%)
  • 9位 シシャパンマ(8.3%)
  • 10位 ブロード・ピーク(5.2%)
  • 11位 エベレスト(3.9%)
  • 12位 ローツェ(2.8%)
  • 13位 ガッシャーブルムⅡ峰( 2.3%)
  • 14位 チョ・オユー(1.4%)

アンナプルナが断トツの死亡率となっている理由はいろいろありますが、一言でいうと2つ。

  1. 南側からの登頂は岩壁に阻まれる
  2. 北側からの登頂は雪崩に阻まれる

南側からの登頂は岩壁に阻まれる

アンナプルナ南壁
出典:blog.livedoor.jp

南壁は高度な技術であっても登頂困難な大岩壁

標高7500メートルの地点では、7kmにわたる尾根を横断しなくてはならず世界で最も危険なルートとして知られている。

その困難さは、2008年にある一人の登山家の救出を行った12人の登山家の証言を中心にした、ドキュメンタリー映画でもわかりますので、興味があれば見て下さい。

created by Rinker
¥3,110 (2020/05/29 20:52:39時点 楽天市場調べ-詳細)

北側からの登頂は雪崩に阻まれる

アンナプルナ北側
出典:フォートラベル

北側は雪崩が頻発する地帯。

2014年には、吹雪に伴う雪崩が発生し、トレッキング中の人やガイドなどが巻き込まれ死亡者43名というネパールのトレッキングにおける過去最悪の事故が発生していることでも有名。

最近でいうと、2020年も1月17日に大規模な雪崩が発生し、周辺をトレッキング中の登山客の約200人が救助されたが、7人が行方不明となるという大事故も発生。

アンナプルナは山麓まで歩いていくトレッキングツアーでも有名ですが、こんな事故も起こるんですね。

もぉ、雪崩の巣ですね。

最後に、その登頂の歴史を振り返ってみます。



アンナプルナが死亡率30%を超える理由|登頂の歴史

①エルゾーグらによる初登頂(1950年)

モーリス・エルゾーグ
出典:Wikipedia

1950年にフランスのエルゾーグ率いる登山隊が北東壁ルートから登頂

その登頂に際して、それまでになかった新しいアプローチが試みられたそうです。その一つ目は化学繊維製品の活用であり、二つ目は軽装速攻主義をとった点である。

テクノロジーの進歩がここでも貢献しているようですね。

1人の犠牲者も出すことなく、撤退はできたそうですが、登頂したモーリスとルイは2人合わせて30本の指を凍傷で失い、空港で出迎えた人々を絶句させたそうです。

なお、南壁からの初登頂は、1970年にイギリス隊が達成しています

②日本隊の挑戦

日本人も数多くの登山家が挑戦しています。

1964年に京都大学登山隊が、1950年のエルゾーグに次いで人類2番目の登頂

それ以降も、1981年に南壁新ルートでの登頂など栄光もありますが、それ以外で、何人かは雪崩で命を落としているようです。



まとめ

以上、アンナプルナが死亡率30%を超える理由を徹底調査した結果を紹介しましたが、いかがでしたか?

南側は岩壁の脅威、北側は雪崩の脅威、と八方ふさがりですよね。

そんな山に命を懸けて何度も挑戦する登山家って、ホント感銘しました。

読んでいただき、ありがとうございます。