テント泊の食糧計画|長期縦走のテント泊登山では行動食もポイント
My camera

こんにちは、山キャン情報室 管理人の亀太郎です。

登山の醍醐味をゆっくり味わえる縦走。

日帰りの登山も手軽で楽しいですが、縦走を一度味わうとホント病みつきになってしまう方も多いのではないでしょうか?

僕もその中の一人ですが、テント泊だと装備が重くなり、修行になることも。

ウルトラライト登山には、ザック・テント・ストーブなどの軽量化も必要ですが、意外に盲点なのが食料。

ここでは、テント泊の食糧計画を長期縦走登山のテント泊を例に紹介します。行動食もポイントです。




テント泊の食糧計画|長期縦走のテント泊登山ではどれぐらいのエネルギーを補えばいんでしょう?

軽量な食料計画を立てる上で重要なポイントは、登山に使う消費エネルギーを見極める事。

消費エネルギーについては、長くなるので、この記事で↓で書きました。

登山とエネルギー消費|登山はフルマラソン並みのエネルギ消費って知ってた?

この計算を基にすると

長期縦走登山のテント泊では4000kcalのエネルギーを消費します

使ったエネルギー全てを補給しないと動けなくなるわけではないので、

長期縦走登山のテント泊で補いたいエネルギーを3000kcalとしました

3000kcalっておにぎり15個分。

おにぎり15個
出典:無料イラスト

これを、長期縦走のテント泊登山でどうやって補うかが課題。

いろいろと失敗して、隣のテントのおじさんから食料をめぐんでもらったり、多々あります。

次に、失敗をふまえて最後にいきついた、食料計画の独自のポイントを紹介します。



テント泊の食糧計画|長期縦走のテント泊登山の食料計画の4つのポイント

①あなどってはいけない行動食

登山の場合は朝昼晩のごはん以上に重要なのが、行動食。

歩きながら食べるって疲れているとなかなか喉を通らないのも事実ですが、食べやすいものをそろえて、登山時の消費エネルギーの半分程度は行動食で補いたいです。

登山時の消費エネルギーが2500kcalで、疲れていると食べれないことも考慮すると、行動食には1000kcalは必要

行動食の代表格としてはカロリーメイトがありますが、栄養のバランスを考えると、フルーツグラノーラ+ナッツ+レーズン+ビーフジャーキーがおすすめ

具体的な調合などは次の章で紹介しますね。

カロリーメイト
created by Rinker
¥158 (2020/03/28 05:35:00時点 楽天市場調べ-詳細)

②テン場に到着したら山小屋でカレーを食べる(独自ポイント)

山小屋でカレー
My camera@三俣山荘

テン泊なのに山小屋で食事を?って思われるかもしれませんし、軟弱だと笑われるかもしれませんね。

でも、1泊程度ならテン泊で焼肉ってこともあるでしょうが、それ以上のロングトレイルでは、一日のどこかで、がっつりエネルギーを吸収していくべきだと思います。

僕の場合は晩御飯はテントでのんびりしたいこともあり、テント張る前に山小屋でカレーを食べてエネルギーを吸収することにしてます。

カレーを食べるにあたっての注意事項

  • 山小屋によっては軽食を出していないところや、喫茶も遅くとも3時で閉店することが多いです。
  • なので、事前に調べて、閉店前に到着するように余裕を持った登山計画が必須

こんなリストを作っておけば安心だし、歩いている時の励みになります(笑)。

登山計画書
山小屋の喫茶情報

③エネルギー摂取には缶ビールも効果的(笑)

酒飲みのいいわけですが、350mlの缶ビールで200kcal。

山では1本600円程度と高いですが、1日2本で400kcalあり、重要なカロリー摂取源。

③エネルギー摂取には柿の種も効果的

亀田の柿の種は258gで1250kcal。ビールのお供にだけではなく、エネルギー摂取にも完璧で、僕の必須アイテム。

手軽に食べれるように150g程度をペットボトルに入れておけば、少しずつ食べれて便利いいですよ。

亀田の柿の種
created by Rinker
¥521 (2020/03/28 05:35:00時点 楽天市場調べ-詳細)

以上、独自の食糧計画のポイントを紹介しましたが、次に、僕の一日の食糧計画の例を紹介します。




テント泊の食糧計画|長期縦走のテント泊登山でおすすめの一日の食料計画

目標の3000kcalを重さ400gで達成する計画

重さと摂取エネルギー


(1)朝食  100g 400kcal
(2)行動食 200g 1000kcal
(3)到着食 0g 100kcla
(4)夕食 150g 600kcal

合計 400g 3000kcal

では、朝食から順に紹介しますね。数字はやや大雑把ですが、おおまかなイメージをつかんでいただければと。

(1)朝食  100g  400kcal

  • アルファ米(白米)   30g 100kcal
  • かに雑炊の素  12g 60kcal
  • 暖かいココア 10g 50kcal
  • はちみつ舐める 10g 35kcal
  • 行動食を少し 35g  150kcal

アルファ米はいろんな味付けのものありますが、いろんなトッピングを味わえるので白米がおすすめ

一食分のアルファ米で雑炊作ると、多くて食べきれないので、朝御飯のアルファ米は、前日の晩ご飯の米を少し残しておいて食べるとちょうどいいです

少し、足らない時は、行動食やはちみつで補いましょう。ココアも比較的カローリーが高くて、出発前に癒してくれますよ。

カニ雑炊の素
My camera
ココア
My camera

 

(2)行動食 200g   1000kcal

  • ナッツ 40g 250kcal
  • フルーツグラノーラ 50g 220kcal
  • ビーフジャーキー 25g 75kcal
  • 氷砂糖  50g 200kcal
  • 柿の種 40g 200kcal

柿の種と氷砂糖以外は、こんな感じで混ぜ合わせて袋に入れて食べるのがおすすめ。

行動食
My camera

材料は不思議な取り合わせなので、普段あまり買われたことない方は、以下の商品を参考にしてください。

ナッツ

疲れ予防・疲労回復・エネルギー源にバッチリ。ただ、やや高価です。

素焼きミックスナッツ 850g
created by Rinker
¥1,899 (2020/03/28 05:35:00時点 楽天市場調べ-詳細)

フルーツグラノーラ

穀物系で、朝食でも食べれるし、飽きない味で、僕のイチオシはカルビー。

ビーフジャーキ

タンパク質による筋繊維の回復にいいですよ。

ビーフジャーキー
created by Rinker
¥1,280 (2020/03/28 05:35:01時点 楽天市場調べ-詳細)

氷砂糖

不思議に山に合う氷砂糖。疲れた時の必需品です。

氷砂糖
created by Rinker
¥648 (2020/03/28 05:35:01時点 楽天市場調べ-詳細)

(3)到着食 0g  1000kcal

  • カレーライス 0g  700kcal
  • 缶ビール 0g  200kca
  • 柿の種    10g 100kcall

これは前章で書いた通り、重量0g

疲れた体をカレーライスとビールが癒してくれますし、エネルギ回復します。

やはり、世の中、金次第って?(笑)

山小屋でカレー
My camera@三俣山荘

(4)夕食 150g  600kcal

  • アルファ米(白米)  70g   250kcal
  • フリーズドライのトッピング 35g 200kcal
  • 柿の種 30g   150kcal
  • 缶ビール 0g  200kcal
フリーズドライのトッピング
My camera

フリーズドライだと飽きそうですけど、カレー食べた後だし、ビール飲みながら夜食感覚で食べると結構いけます

白米は翌日の朝飯に少し残しておくことを忘れないように

ただ、スーパーによっては売っていないところもあるので、ネットでまとめ買いってのもいいですよ。

アマノフーズ フリーズドライ
created by Rinker
¥2,976 (2020/03/28 05:35:04時点 楽天市場調べ-詳細)



まとめ

以上、テント泊の食糧計画を長期縦走登山のテント泊を例に紹介しましたが、いかがでしたか?

長期縦走では、行動食でしっかりエネルギー補給することがポイントだと思います。

独断と偏見に満ちた食料計画ですが、ウルトラライトなテント泊の山行にしてください。