笠新道から登る笠ヶ岳|弓折岳~鏡平を経由して下山(2018.8/19-20)
My camera

こんにちは、山キャン情報室 管理人の亀太郎です。

今年(2019年)は盆休み明けから雨雨雨で、天気がいい時は用事があって、去年から計画している、上高地~蝶ヶ岳~常念岳~燕岳の縦走をスタンバイしてますが、なかなか行けてません(泣)。

これって、去年と全く同じ状況で、その代替と言っては笠ヶ岳さんに失礼ですが、笠新道から笠ヶ岳へ登り、弓折岳~鏡平を経由して下山。

ここでは、その登山日記を、そのポイントと写真も含めてアップします。




笠新道から登る笠ヶ岳|登山前の3つのアドバイス

登山記録の前に、登山前のアドバイスを簡単に紹介します(僕の独断と偏見も入っています)。

①下山は弓折岳~鏡平経由がおすすめ

下山に笠新道を使うと膝にきます。なので、下山は弓折岳~鏡平経由がおすすめ。

なお、登りも笠新道以外のこんな↓ルートがあるので参考まで。

笠ヶ岳山頂を目指すルート

  • 上級者ルート:中尾高原口の駐車場からクリヤ谷を経由して登るルート

大雨が降ると沢が増水して通行不可となることもあり、コースもかなり厳しいと思いますので上級者コースです。

  • 中級者ルート:新穂高温泉駐車場から笠新道を経由して登るルート

最もポピュラーなルートですが、笠新道の登りが、なんといっても、しんどい。

  • 初級者ルート:新穂高温泉駐車場から小池新道を経由して弓折乗越から回り込むルート

鏡平山荘で一泊することを前提とすればもっとも楽

 ②新穂高温泉駐車場で前夜泊して登ることをおすすめします

遅くとも笠ヶ岳山頂に3時には着きたいので、新穂高温泉駐車場を暗いうちから出発することが必須。

そのためにも前夜泊しておくことをおすすめします

脚に自信のある方は問題ないかもしれませんが、僕のような亀歩きには必須(笑)。

前夜泊のための穴場ポイントは混雑する新穂高駐車場|登山口近くに停めれるポイントと手順を紹介で紹介しています。

①テント泊装備では笠新道はしんどい

いつもはテント泊装備で登るのですが、しんどさが予想されたので、山小屋泊で行きましたが、予想どおりでした。

テント泊装備で登ってるのは大学生の山岳会のグループの方達ぐらいで、みなさん、やはりテント泊は敬遠されてましたね~

テント場にはトイレがなくて、山小屋とテント場が相当離れているのも、これも難点



笠新道から登る笠ヶ岳|弓折岳~鏡平を経由して下山(概要)

①登山記録

  • 山行形態:ソロ 山小屋泊 周回ルート
  • 日付:2018年8月19日~20日(盆明け直後)
  • 天候:一日目は晴れ、二日目は晴れのち、下山直前に雨(夕立)

②登山ルート

ルートはこんな感じで、時計回りに周回するコースです。

笠ヶ岳ルートマップ
My picture(ルートマップ)

②標高差グラフ

笠新道の入り口から杓子平までの笠新道の勾配のきつさが、なんとなくわかるかと。また、笠ヶ岳から弓折岳までの稜線歩きは人も少なくて、超楽しいです。

標高差グラフ
My picture(標高差グラフ)

③コースタイムと亀太郎タイム

コースタイムは休憩なし時間ですが、やっぱ、鈍足の亀太郎の本領発揮です(^^;;

1日目 新穂高第3駐車場ー林道ー笠新道ー杓子平ー抜戸岳ー抜戸岩ー笠ヶ岳山荘

コースタイム:8時間10分(休憩なし)
亀太郎タイム:11時間(休憩あり)

2日目 笠ヶ岳山荘ー抜戸岳ー弓折岳ー鏡平ー秩父沢ーわさび小屋ー新穂高駐車場

コースタイム:8時間(休憩なし)
亀太郎タイム:12時間(休憩あり)

稜線歩きが楽しくて遊びすぎた感もありますが、亀の本領マスマス出てます(笑)

では、これからは、写真主体の長い日記になりますので、流し読みください。



笠新道から登る笠ヶ岳|弓折岳~鏡平を経由して下山(1日目)

【AM3:20頃】新穂高登山センター出発!亀の朝は早い(^^;;

【AM4:30】一時間の林道歩きを経て、笠新道登山口に到着。ここから杓子平まで標高差1200mのひたすら急登!
なんか、ワクワクする。

笠新道登山口
My camera

ここは水場があるのでここで今日の水を確保します。暑さ考えて3L汲みました。

いざクライムオン!想像通り、最初からいきなりの急登です。

石が落ちそうに!ワイヤーで縛ってたけど、これ、効いてんだろうか?

笠新道登山中
My camera

ゼエゼエ〜

ハアハア〜

標高1800m
My camera

林道ゲート入口が標高1100mなので700mは稼いだかな!でも、1100m残っとるし〜(泣)

ワッセ~

ワッセ~

急登だけど、道はよく整備されてて意外に登りやすいです。

槍さんバッチリ見えてきました。

槍ヶ岳が見えてきた
My camera

 

それにしても、ううっキツイ~

ひたすら登る~

登る登る
My camera

 

【AM8:15】腹減った休憩!フルグラタイム!実は単にキツイだけ(笑)

休憩タイム
My camera

【AM9:15】だいぶ開けてきた。杓子平、まだかな休憩。まだまだ、あります!

もおすぐ杓子平
My camera

 

【AM9:50】やっと、杓子平に到着しました!標高差1200m制覇です。ここで一気に景色が変わりマス。

笠ヶ岳が見てきました。左のお山が笠ヶ岳です。

杓子平
My Camera

右側にぐるっって回り込んで稜線に出ないと行けません。登山道が永遠に続いてます。右のお山が抜戸岳!

杓子平らにつきました
My camera

杓子平からの絶景動画も、よかったらどうぞ!

【AM10:15】杓子平出発!

だいぶ登ってきて、振り返ると杓子平が小さくなってます。

杓子平を見る
My camera

花の季節は終わって、秋模様のチングルマが群生してました。

【AM11:50】ばてた休憩!亀太郎、ノビテマス!

ばてた!!
My camera

【AM12:20】笠新道分岐!やっと、尾根に出た!

笠新道分岐についた!
My camera

笠ヶ岳、ロックオン!

あそこが頂上です
My camera

楽しい稜線歩きの始まりです~

笠ヶ岳へ!
My camera

 

のんびり尾根歩いてると、関西から来たソロの女性と合流して、2人でのんびり尾根歩きを楽しみました!

YAMAPのnonpuiさんです。バックカントリースキー好きが高じて、登山にもハマったそうで、登山歴は3年なのにウサギさんのように早いdすが、亀に合わせて歩いてくれました!

コレ、彼女激写の亀太郎っす(笑)なお、掲載にあたって、nonpuiさんの了解、もらってます。

nonpuiさんに激写された
My camera

 

【PM1:30】抜戸岩。抜戸岩の隙間から笠ヶ岳山荘見ながらnonpuiさんと写真の取り合いっこ♬

nonpuiさんと抜戸岩
My camera

nonpuiさんに亀歩きを付き合わせるのも申し訳ないので、先に行ってもらいました!

テン場まで、もぉすぐ!

笠ヶ岳山荘ロックオン
My camera

 

あと一息(^^;;

がんばれ!
My camera

岩岩地帯をワッセワッセ

もぉすこし
My camera

【PM2:25】笠ヶ岳山荘に到着。山荘内はこんな感じで、きれいですよ!

笠ヶ岳山荘内
My camera

受付で2つの布団に3人になるかもって脅かされましたが、結局は1人1枚でよかったです
空いてる時を狙って、盆明けの日曜日にしたのに恐るべし笠ヶ岳!

槍ヶ岳と穂高連峰見ながらビールタイム。至福の時間です!

ビールと槍ヶ岳
My camera




笠ヶ岳山頂での雲海と夕陽

ビール呑んで、景色最高なので動画に撮りマシタので、よかったら。変な声入ってますが無視してねっ

山荘から山頂まで15分ぐらいなので、空荷でトコトコ登ります。

頂上に行きます
My camera

 

槍と亀のコラボ!頂上ゲット

凄すぎてどこを写していいか迷うほど。北ア、南ア、中央ア、八ヶ岳、乗鞍、御嶽、白山、富士山まで、全て見えました。写真の写し方が分からないので、頂上の祠で拝んで、山荘まで戻りマス。

祠でお祈りします~
My camera

【PM5:00】晩御飯タイム

笠ヶ岳山荘での夕食
写真、写し忘れたのでnonpuiさんのブログからお借りしました

 

食後に外に出て皆んなと山談義してると〜影笠が!雲海に笠ヶ岳の影が映りこんでます。

影笠です~~
My camera

反対側から歓声聞こえてるので、覗いてみて絶句!雲海に沈む夕陽に声を失いました

雲海に浮かぶ白山

笠ヶ岳の夕陽と雲海
My camera

ヘリポートにたたずむ登山者

笠ヶ岳の夕陽と雲海
My camera

 

凄すぎてコメントできないので写真だけね!

笠ヶ岳の夕陽と雲海
My camera

あぁ〜沈む〜

笠ヶ岳の夕陽と雲海
My camera
笠ヶ岳の夕陽と雲海
My camera
笠ヶ岳の夕陽と雲海
My camera
笠ヶ岳の夕陽と雲海
My camera

動画もよかったらどうぞぉ〜

反対側は、夕暮れの槍ヶ岳です~

笠ヶ岳の夕暮れ
My camera

 

【PM7:45】布団に入ったら、一瞬にして気を失っちゃいました。



笠新道から登る笠ヶ岳|弓折岳~鏡平を経由して下山(2日目)

【AM2:30】起床、7時間ぐらい爆睡!‼

鈍足の亀太郎の朝は早くて、一階の自炊場でコーヒーと山小屋から昨日もらっていた朝ごはんのちらし寿司弁当にぱくつく。

朝食です
My camera

テン泊とは違い朝からゴージャスです。

【AM4:30】朝日は途中の稜線のいいところから見ることにし、山荘出発

さよーなら、笠ヶ岳山荘!

笠ヶ岳 サヨナラ
My camera

 

朝焼けし始めた

朝日~
My camera

笠ヶ岳、いいところでした!

笠ヶ岳山荘を振り返ってみる
My camera

【AM5:10】抜戸岩、通過

【AM5:30】ご来光ポイントに到着して、30分ぐらい粘ったですが、ご来光出ず(泣)

ここで、一服
My camera

 

昨日は、夕陽と雲海をお腹いっぱい食べたので許しましょう~(笑)

【AM6:10】笠新道分岐に到着

笠新道分岐に来ました
My camera

ここから弓折乗越までは稜線歩きです

抜戸岳かな?
My camera

 

【AM7:10】秩父平との分岐が見えてきました。ここから右手に下りマス!

ここを右に曲がると秩父平
My camera

 

楽しみにしていた秩父平に入ってきマシタ。

秩父平におります~
My camera

【AM7:20】秩父平に到着。この岩の上に寝そべって大休憩。

秩父平

My camera

 

秩父平、別天地です。ここに家建てて住みたいって、真面目に考えました!

秩父平
My camera

 

【AM7:50】秩父平出発

秩父平でノンビリこん
My camera

登山道が崩壊!でも、巻道が整備されてました!

道が荒れてる~
My camera

 

おいちゃんに抜かれる

弓折岳までもう少し
My camera

ここら辺はまだまだ花残ってました。

大ノマ岳は素通りして、大ノマ乗越に下り。下るのは、また昇らないといけないので、嫌なんですけど。

【AM9:40】大ノマ乗越に到着

次は、弓折岳に向けて最後の登りデス。ハシゴだらけでした!

もぉすぐ弓折岳
My camera

【AM10:20】弓折乗越に到着!ここからは何度か歩いた道です~懐かしいっす!

弓折乗越
My camera

ここからは槍が綺麗に見えるんですが、雲でみえません。

【AM 11:05】鏡平山荘到着。お楽しみのかき氷タイム。500円也。氷は歩荷さんが担いで来るらしいけど
500円とは案外安い宇治金時は800円です)

鏡平山荘名物、かき氷
My camera

 

【AM 11:40】鏡平山荘出発

鏡平山荘とお別れ
My camera

鏡平池から見る槍ヶ岳!ストックの様にも見えるが良しとしよう(笑)

鏡平から槍をみる?
My camera

 

 

【AM11:50】熊のおどり場、通過!

熊のおどり場
My camera

【AM12:20】シシウドヶ原に到着。

シシウドヶ原
My camera

シシウドの群生地。

シシウドヶ原
My camera

【PM1:00】イタドリヶ原、通過!

イタドリヶ原
My camera

【PM1:30】秩父沢まで来ました

秩父沢
My camera

最後の林道歩きに備えて、靴脱いで足のクールダウン

秩父沢でクールダウン
My camera

これ、最高に気持ちいいし、これからの2時間の林道歩きでばてないためにも必須かもしれませんよ!でも、冷たくて数秒しか浸けられないです。

ここの水は美味いので、家で飲む水割り用に2L汲みました。

小池新道登山口が見えて来ました!

小池新道登山口が見えた!
My camera

【PM2:40】小池新道登山口に到着!ここから地獄の2時間の林道歩きです。多分、経験者はよくわかるかと。

小池新道登山口
My camera

【PM3:20】わさび平小屋に到着

ワサビ平小屋の野菜と果物
My camera

【PM3:30】昨日登った笠新道登山口に通過。夕立でカメラが濡れてます。

笠新道登山口まで戻ってきました
My camera

【PM4:35】新穂高登山センター着。最後の林道歩きでヘロヘロです。

【PM7:00】深山荘の露天風呂で汗流して、カップヌードル食べて、ビールタイムです。

新穂高第3駐車場で寝ます
My camera

翌日は3時に起きて、車を新穂高登山センター前に移動させて、ベンチでモーニングコーヒー!

【AM5:00】帰還開始
【AM9:30】自宅に帰還

以上、長い登山日記を書きました、最後におまけ情報です。



笠新道から登る笠ヶ岳|弓折岳~鏡平を経由して下山(ワンポイントアドバイス)

①鏡平を経由して下山する方は、マイ練乳をお忘れなく

鏡平山荘 名物の”かき氷”。これ食べてて、練乳欲しいなぁって思ってたら〜

マイ練乳のツワモノいました。なんとnonpuiさんです!30gで絶品のかき氷が食べれます!皆さんも鏡平に行く際はどうぞ。

鏡平山荘名物、かき氷(nonnpui仕様)
My camera

②下山した後のワサビ平小屋のトマトが超おいしい

僕の独断と偏見ですが、下山した後の、ワサビ平小屋のトマト!2回目ですが、なぜか不思議に超うまいです。

僕だけかと思ったら、何度も来ている強者さんも言ってましたので、是非っ!

トマトがうまい!
My camera




まとめ

以上、笠新道から笠ヶ岳に登り、弓折岳~鏡平を経由して下山した登山日記を書きましたがいかがでしたか?

笠ヶ岳は雲の平方面に行かれる方には、外れたところにあることや、笠新道がしんどいなど、やや敬遠されてるお山ですが、ほんとに素晴らしい山ですので、是非、登ってみてください。

なお、登山日記に記載しているタイムは、鈍足なのにノンビリ休憩しながら歩く亀太郎タイムですので、フツーの方は、こんな時間はかからないと思います。