熊鈴はうるさい?|マナーを守って快適な登山をするための熊鈴の付け方
My picture

こんにちは、山キャン情報室 管理人の亀太郎です。

登山のお守り「熊鈴」。

過去に熊に遭遇したことあり、熊鈴は逆効果?|ツキノワグマに効果があるのか、僕の遭遇体験から考えてみたでも書きましたが、登山の必需品となっています。

しかし、登山者の間では、熊鈴がうるさくてトラブルになるって話もよく聞きます。

ここでは、熊鈴はうるさい?と題して、マナーを守って快適な登山をするための熊鈴の付け方を考えてみたので、紹介します。





熊鈴に関わるトラブル・苦情

ツキノワグマ注意の看板
My camera

ネットで調べると、いろんなトラブルや苦情があるようですね。

  • 登山口近くでのトラブル

大山登山の登山口で同行の友が何者かにこんな注意を受けました。

「この山には熊はいませんよ!熊鈴外しなさい!」

  • すれ違い時の苦情

うるさいです!! 

ソロで里山を歩いているので熊鈴は鳴らします。

ただし、人の往来の多いところ、往来の少ないところであっても、人の気配を目視したとき、熊鈴は鳴らしません。

  • 山小屋の中での苦情

小屋のなかで鳴らす必要がありますか?

小屋によっては、熊鈴を鳴らさないように注意書きを張ってある所もあります。

それでも鳴らして、小屋番さんに注意されています。

せっかく、楽しむために山に来ているのに、こんな話があると嫌ですよね。

マナーは守らないといけませんが、まずは、うるさいと思われる熊鈴ってどんなものか考えてみましたので、次に紹介します。

うるさいと思われる熊鈴には、どんな種類があるか考えてみた

熊鈴には2種類の音色がありますが、どちらがうるさいか、考えてみました。

やや、主観も入ってます。

「チリ~~ン、チリ~~ン♪♪」タイプは意外に心地よい

熊と遭遇した時に携帯していた熊鈴
My camera

釣鐘タイプのこれは、風鈴のような「チリ~~ン、チリ~~ン♪♪」と心地よい色が出ます。

やや、主観も入ってますが、この音は、そんなに不快には感じないかもしれません。

「ガラガラ、ガラガラ♪」タイプは確かにうるさい

ガラガラと音のする熊鈴
My camera

牛の首にぶら下げてあるタイプのこれは、「ガラガラ、ガラガラ♪」と、確かに、耳障りな音がします。

でも、うるさい方が熊除けにはよい筈

熊鈴をダブルで携帯
My camera

でも、人にとってうるさいって事は、熊に自分の存在を知らせやすくなる筈。

僕はソロ登山が多いこともあり、熊に遭遇してから「チリ~~ン、チリ~~ン♪♪」と「ガラガラ、ガラガラ♪」の両方をダブルで使うようにしています。

僕の遭遇記録は、熊鈴は逆効果?|ツキノワグマに効果があるのか、僕の遭遇体験から考えてみたを見てね

ただ、この状態は、熊よけには有効ですが、マナーとしてイマイチ。

なので、次に、マナーを守って快適な登山をするための熊鈴の付け方を紹介します。

マナーを守って快適な登山をするための熊鈴の付け方

①ザック下部にぶら下げて、すれ違い時に手で押さえて消音

熊鈴をぶら下げる位置
My picture

ザック背面にぶら下げると、前かがみになった時に、ザックに乗っかって音がしなくなることが多い。

なので、熊鈴はザック背面よりザック下部にぶら下げた方がいいです。

さらに、ザック下にぶら下げておけば、すれ違う時に、さっと手で握って消音できますよ(背面だと手が届かない)。

特に、僕の様にダブルで持ってる方は、マナーとして心がけた方が良いと思います。

②テント場や山小屋廻りでは必ず消音

テント場や山小屋廻りで熊に遭遇することもないので、必ず消音してください。

ザック背面のポケットの中に入れるだけで消音できると思います。

テント場で寝てて、チリ~~ンチリ~~ン♪♪っと鳴らされるのも、正直かなわないですもんね。

なお、こんな↓消音タイプの熊鈴もありますので参考にしてください。

熊よけには「熊鈴」が最強と思いますが、代用できるものがあるのか、次に紹介しますね。

熊鈴の代用も考えてみた

代用というよりも、併用といった方がいいかもしれません。

こんな↓6つの方法でも、マナーを守れそうです。参考にしてください。

①仲間がいれば、とにかく喋る

一人でなければ喋る
出典:いらすとや

人の存在を熊に知ってもらうための、もっとも簡単な手段が、これ。

疲れてない時は、とにかく、ワイワイ喋りましょう

②一人の時は、時々、叫ぶ

一人の時は叫ぶ!
出典:いらすとや

僕はソロ登山が多いので、熊が出そうな場所では「ホッホイ~~♪」って、よくやってます。

ナイトハイクとか、叫ぶことで、意外に安心できますよ。真っ暗の中で叫ぶ姿は変ですが、誰も見ていませんし(笑)。

③ラジオも意外にいいらしい

僕は使ってませんが、ラジオは人の気配を感じさせるのにいいとも言われており、ソロ登山者ではよく使ってますよね。

天気予報などの確認にもなりますし、いい手段かもしれません。

すれ違う時は、ボリューム落とせばいいですし。

重くなるんじゃ?って方には、こんな↓超軽量なラジオありますよ。

超小型ラジオ(カードサイズ)
created by Rinker

④Apple watchあれば、気になる所で「ミュージックスタート」

Apple watchを付けている人、必見。

これ、音楽をもっとも簡単に鳴らす方法で、人の往来の少ない所では完璧。

「Siri」に「ミュージックスタート」って声をかけてください

すれ違う時は、「ミュージックストップ」

詳細は、Apple watchの便利な使い方|使ってみて意外に便利な6つの有効活用法で紹介しています。

⑤人気の山しか登らないようにする

人気の山
出典:いらすとや

人の多い登山コースを選択すれば、当然、熊と出会う確率は下がる。

なので、地元の低山よりも、百名山の方が、熊と遭遇する確率は下がると思います。

ただし、奥深い山はその限りではありません。

⑥究極の対策は「九州の山しか登らないこと」

熊の生息分布
出典:nippon.com

九州にはツキノワグマがいませんので、究極の対策と言ってもいいでしょう。

僕は九州出身ですが、いずれ九州に移住したいぐらいです(笑)。

まとめ

以上、熊鈴はうるさい?と題して、マナーを守って快適な登山をするための熊鈴の付け方を紹介しましたが、いかがでしたか?

マナーを守って、快適な登山を楽しみましょう。