車中泊のテーブルを自作|ベッドキットに脱着可能でキャンプにも使えちゃう
My camera

こんにちは、亀太郎です。

車中泊を楽しんでいる皆さん!車内でくつろいでいる時はテーブルはどうされてますか?

愛車カングーにベッドキットを装備してますが、カフェ気分でコーヒー飲んだり、ビールを飲んだりできないかと、車中泊のテーブルを自作。

作ってみると、キャンプにも使えて重宝してます。

記事はカングー用のベッドキット前提で紹介していますが、カングーでない方も参考になるかと思いますので、覗いてみてください。




なぜ、車中泊のテーブルを自作?

ベッドキットをつける前までは、「ゆっくり、ぐっすり、寝たい」と、それだけでしたが、人間とは欲が出てくるもの。

例えば、車の中でお弁当を食べる時

カングー車内で弁当食べるシーン
My camera

ベッドの上に弁当広げても、、なんとなく落ち着かない。

ならばと、キャンプ用のミニテーブルを車の中に入れてみた

カングー車内にキャンプテーブルを入れたシーン
My camera

安定が悪くて、ipadが落ちそうになる。

なので、一大決心しました。

車中泊のテーブルを自作しよう!

次に、その製作編をご紹介します。

スーさんスーさん

亀太郎さん、本気モード(笑)




車中泊のテーブルを自作|製作編

企画・構想

まず、車中泊のテーブルに4つのミッションを与えた(笑)

  1. オシャレなこと(今回の最大のミッション)
  2. 簡単に分解できること
  3. 設置は1分以内であること
  4. ベットキットには穴をあけないこと

このミッションを具現化すべく、モックアップを製作(やや、大袈裟)。

カング― カフェーテーブル構想
My camera

形になりそうな雰囲気が見えてきたので、製作に取り掛かります。

製作

先ずは、ホームセンターで部品調達。

カングーカフェーテーブルの部品調達
My camera

次に、ベッドキットを取り外し、家の中で改造開始。

カングーカフェーテーブルの製作風景
My camera

ベッドキットのボルト穴を利用してステーを取り付け、車へテーブルの試作品をセット。
まずは、支柱を立てて~

カングーカフェーテーブルの製作風景2
My camera

テーブルをのっけてみたら、Good。

カングーカフェーテーブルの製作風景3
My camera

次は色塗りね。

色塗り

Before

カングーカフェーテーブルの色塗り
My camera

After

カングーカフェーテーブルの色塗り2
My camera

カフェテーブルの雰囲気!

完成したので、次に設置シーンを紹介します。



車中泊のテーブルを自作|設置編

まずは、外した所から

収納袋と支柱だけ。

カングーのカフェテーブルの設置1
My camera

支柱とテーブルの結合部はこんな風になってます。

ここが難しかったです。

カングーのカフェテーブルの設置3
My camera

次に、支柱を立てます

カングーのカフェテーブルの設置5
My camera

結合部はこんな感じになってます。

カングーのカフェテーブルの設置4
My camera

支柱の上にテーブルのっければ設置完了

カングーのカフェテーブルの設置6
My camera

うううっ、完成したぁ~~~

設置時間は1分程度! ミッション成功です!!!

このテーブルは3つの使い方ができるようになってますので、次にその紹介をしますね。

スーさんスーさん

オシャレ過ぎじゃありませんか~




車中泊のテーブルを自作|3つの使い方

①車内で座ってコーヒータイム

ベットキットを1枚外して、座ってのんびりコーヒータイム。これ、リラックス度maxです。

カングーのカフェテーブル使用シーン1
My camera

②寝っ転がりながらビールタイム

ベット展開のまま、寝る前のビールタイムにも活躍。これも、リラックス度max。

カングーのカフェテーブル使用シーン3
My camera

③キャンプ場でのセンターテーブル

改造して、テーブルに足を付けれる様にした。

カングーのカフェテーブル使用シーン4
My camera

キャンプでセンターテーブルとしても、使えるようになったです。

これで、キャンプテーブルを減らすことにも成功。

カングーのカフェテーブル使用シーン2
My camera



まとめ

以上、ベッドキットに脱着可能でキャンプにも使えちゃう車中泊のテーブルを自作した話を紹介しましたが、いかがでしたか?

試行錯誤で作ったものですが、はオシャレで、お気に入りになってます。

「もっと、いい方法があるよ」とか「こんなテーブル作ってます」とかコメントがありましたら、是非お願いします。