サイドオーニングの自作|雨の日の車中泊を快適にするカーサイドオーニングを自作【実践編】
My camera

こんにちは、山キャン情報室 管理人の亀太郎です。

このブログを読んでる皆さんは、「雨の日の車中泊はいやだなぁ」って思ってるのでは?

僕も、その一人。

そんな、悩みを解決しようと、雨の日の車中泊を快適にするカーサイドオーニングの自作してみようと決意。

構想は、以前にサイドオーニングの自作|雨の日の車中泊を快適にするカーサイドオーニングを自作【構想編】で紹介しましたが、ここでは、その構想を実現すべく、実践しましたので紹介します。





カーサイドオーニングの自作に当たって立てた5つのミッション

サイドオーニングの自作にあたって、立てた5つのミッションはこれ↓。

5つのミッション

  1. 走行時は車内に収納できること
  2. 10分以内で設置が可能なこと
  3. 舗装路でも自立できること
  4. 強風に耐えれること
  5. ”ひさし”の張り出しは1m程度

出来上がりのイメージは、キャンピングカーのサイドオーニング老舗メーカーの『フィアマ』のこんな↓感じ

『フィアマ』のサイドオーニングは自立しますが、自作で自立できるかが、最大の難関でした。

まずは、そのミッションをクリヤーするために購入した部品を紹介します。

サイドオーニングの自作|部品編

❶ロゴス(LOGOS) neos Link Panel

ロゴス(LOGOS) neos Link Panel
My camera

収納サイズはこんな感じ↓(ポールは別売りなので含まれません)。

ロゴス(LOGOS) neos Link Panel収納状態
出典:ロゴス HP

展開はタープにフレームを差し込むだけなので超簡単。展開後のサイズは畳一枚より大きいです。

ロゴス(LOGOS) neos Link Panelの組み立て状態
出典:ロゴス HP

詳細のスペックはここ↓。

ロゴス(LOGOS) neos Link Panel
created by Rinker

❷Ogawa タープ用吸盤フック

Ogawaのカーサイドタープを車体のルーフに取り付けるためのオプション部品ですが、単独でも売っており、ネットで購入。

タープ用吸盤フック(ogawa アクセサリー)
My camera

使い方やスペックの詳細は、ここ↓を参照してください。

タープ用吸盤フック(ogawa アクセサリー)
created by Rinker

❸無段階調整式アルミタープポール

使っていないポールは沢山持っているのですが、後で説明するように、タープ展開にバリエーションを持たせたかったので、ネットで購入しました。

伸縮タイプのタープポール
My camera

ネットではいろんなメーカーから数多く売りに出されていますので、ここ↓を参照ください。

無段階調整式アルミタープポール
created by Rinker

❹ポールステイ【これが、ポイント】

ポールステイって勝手に僕が名前を付けただけですが、要は『舗装路でもタープポールを付けれるアタッチメント』みたいなもの。

構想段階では考えていなかったのですが、仮に強風でポールが外れたら車に傷がつく可能性もあり、構想を変更しました。

とはいえ、そんなものは売っているわけなく、ホームセンターに通い詰めてこんなもの↓を購入しました。

ポールステイ
My camera

ツールホルダーハンマー1丁差し』なるものです。

本来の使い方は、大工さんがハンマーを腰にぶら下げるものらしいです。

これを、下の図のように使うことを想定して、2つ購入。

ポールステイの説明
My camera

2つで1500円もしましたが、構想通りにならなかったら、即廃棄処分になる可能性もあり。

悩みましたが、今回の自作の中でもっともキーとなる部品なので、思い切って購入。

結果は、大成功でした!

新たに購入した部品は以上です。

次に、どうやって設置するのか、紹介します。

サイドオーニングの自作|設置編

車に搬入する部品は、この↓2つのみ。

サイドオーニングの部品一式
My camera

超コンパクトなので、車内に常に装備可能です。

では、舗装路でどうやってタープを取り付けるか、順を追って説明しますね。

❶ポールとタープロープのセット

車中泊スペースに到着したら、まずは、ポールステイを前後輪のタイヤ前に挟み込みます

その後、車を10cm程度前進させて、ポールステイを踏んじゃいます

これで、ポールステイはしっかり地面に固定される(ここがポイントなんですが、写真を撮り忘れました)。

さらに、こんな↓感じで、ポールステイにポールを差し込みます。

ポールステイの設置方法
My camera

タープロープを付けたスノピのアイアンペグはタイヤと地面の隙間に挟むだけでOK。

こんな感じ↓。

ポールのセット
My camera

ポール側の準備は完了

❷タープの車体へのセット

タープを袋から取り出し、フレームを差し込みます。

こんな↓感じ(写真撮り忘れたので家の中の写真)。

タープを展開
My camera

次に、車体前側のルーフに吸盤フックを取り付けて、タープを固定。

車体フロント側へタープをセット
My camera

車体後側も同様にする予定だったのですが、ルーフレールが邪魔になって付かないことが判明。

車体リヤ側にタープを取り付ける
My camera

試行錯誤しましたが、車に常備している、荷物固定ロープ↓を使う事にしました。

固定ロープ
My camera

これで、ルーフレールに固定したら、完璧でした。

車体リヤ側にタープをセット
My camera

タープ側の準備は完了

❸タープとポールを連結して出来上がり

❶と❷が終われば、タープとポールを連結して、タープロープでテンションをかけるだけ。所要時間1分弱。

❶❷❸あわせても、慣れれば10分程度で設置できそう

出来上がりの写真はこんな↓感じ。

サイドオーニングの自作完成1
My camera

前から見たところもいい感じです。っていうか、ハンバーガー店も開けそう(笑)。

サイドオーニング自作完成2
My camera

一番悩んだポールステイも、オリジナル性があってなかなかいい感じじゃありませんか~?

タープを立てた所
My camera

強風の時にも設営してみましたが、強風にも十分耐えれそうです。

『タイヤで踏むポールステイ大作戦』、大成功でした。

日よけにするには小さすぎますが、”雨の日のひさし”には完璧。

車内から外を見た景色
My camera

次に、タープ展開のバリエーションをチェックしたので、紹介します。

サイドオーニングの自作|タープ展開のバリエーション

無段階調整式アルミタープポールで、いろんなタープ展開のバリエーションが楽しめます。

❶ノーマル張り

タープ下でも立って歩けるので、通常はこれで十分。

タープ展開のバリエーション(ノーマル)
My camera

❷オープン張り

❶のノーマル張りだと、タープ下から出る時に少しかがむ必要があるので、アルミタープポールを最長にすると、出入りにもストレスありません。

タープ展開のバリエーション1
My camera

❸クローズ張り

雨が強い時や、プライベート空間を保ちたい時は、こんな展開も可能。

タープ展開のバリエーション2
My camera

❹セミクローズ張り

外の状況次第では、こんな展開もいいかも。

車後方はプライベート空間を作って、前方は解放感を持たせたい時は、こんな↓感じ。

タープ展開のバリエーション3
My camera

❺キャンプ場での通常張り

❶~❹は舗装路での展開ですが、キャンプ場などペグ打ちが可能な所は、もちろんポールステイを使わなくて設営ができます

先日、伊勢志摩エバーグレイスに2泊3日でキャンプに行った時にやってみましたが、いい感じでした。

伊勢志摩エバーグレイスでの朝日
My camera

テント張る時は不要ですが、タープだけキャンプで車中泊する時の貴重な戦力になりそうな予感。

まとめ

以上、サイドオーニングの自作と題して、雨の日の車中泊を快適にするカーサイドオーニングを自作【実践編】を紹介しましたが、いかがでしたか?

構想段階で危惧していた問題もなく、大満足でした。

【構想編】はサイドオーニングの自作|雨の日の車中泊を快適にするカーサイドオーニングを自作【構想編】で紹介してますので、併せて読んでいただければうれしいです。