カングーで車中泊|ベッドキットを取り付けて秘密基地にカスタマイズ
My camera

こんにちは、山キャン情報室の亀太郎です。

登山の前夜泊やキャンプ場での車中泊って快適なだけじゃなくて、秘密基地みたいでワクワク。

そんな車中泊もベッドキットを取り付ければ快適なこと間違いなし。

僕は、愛車カングーで車中泊してますが、ベッドキットを取り付けて、秘密基地にカスタマイズして楽しんでいますので、参考に紹介します。





カングーで車中泊|秘密基地にはベットキットが必須

車中泊といえば、ハイエース。確かに広くて快適ですが、カングーはかわいくてインスタ映え間違いありません。

更に、ベッドキットを取り付ければ、秘密基地が一瞬にして出来上がり、快適な上にぐっすり眠れて翌日の行動もパワー満開です。

百聞は一見に如かずって事で、僕の秘密基地のシーンを3つ紹介しますね。

    秘密基地1:登山口での前夜泊

    御嶽山ロープウエイ駐車場

    登山前の秘密基地とベッドキット

    御嶽ロープウエイ駐車場の朝
    My camera

    前日の秘密基地内でのビールタイムをベッドキットでする

    御嶽ロープウエイ駐車場で缶ビールタイム
    My camera

    就寝前の秘密基地内で翌日の作戦会議をベッドキットでする

    BRISIE LEDランタンはIKEA Suunerstaとベストフィット
    My camera

    秘密基地2:夏キャンプの車中泊

    浜名湖畔のキャンプ場でのタープだけキャンプ

    ベッドキットで寝る前提で、キャンプ道具は超シンプルに

    浜名湖畔のキャンプ場
    My camera

    チャオ御嶽マウントリゾートのキャンプ場

    サイト貸し切りで、御嶽山と一緒にパチリ

    御嶽チャオキャンプ場
    My camera

    乗鞍岳との朝日のコラボ

    御嶽チャオキャンプ場の朝
    My camera

    この時は、キャンプ場の近くでクマ出没騒ぎがあったのですが、車中泊なので安心して朝まで爆睡

    これも、ベッドキットでの車中泊のメリットかもしれません。

    秘密基地3:冬キャンプの車中泊

    三重県の孫太郎キャンプ場

    孫太郎の夕陽
    My Camera

    冬キャンは大型テントですが、寝る時はベッドキットを展開して車内で寝ています。

    電源付きサイトの場合は、セラミックヒーターを車内に置いておくと、真冬でもヌクヌク

    以上、秘密基地にはベッドキットがおすすめなシーンを紹介しましたが、どんなベッドキットがあるんでしょう?

    次に、カングーにおすすめのベッドキットを紹介します。



    カングーで車中泊|車中泊におすすめのベッドキット

    カングー専用のベッドキットは次の2社のキャンピングカーメーカから購入することができます。

    • トイファクトリー
    • RVランド

    それでは、その内容と特徴を簡単に紹介しますね。

    注意

    両社のベッドキットとも、新型の「デカングー」専用で、旧型の「コカングー」には取り付けられないので注意してね

    ①「トイファクトリー」のベッドキット

    特長は

    • ベッドマットが床に直下おきなので空間が広く使える
    • 使わない時は荷室に簡単にしまえる
    • 他にも木を使ったいろんな専用のアクセサリーが選べるので可愛くカスタマイズができる

    ポイント:床下に荷物を置くスペースがない代わりに、広く使えるので、ファミリーのピクニックとかに最適

    詳細は下のトイファクトリーさんのHPを参照下さい。

    ②「RVランド」のベッドキット

    特長は

    • ベッドマットの下が全て荷室となるので、なんでもしまえる
    • ベッドマット上の空間も広いので、普通に座れる
    • ベッド展開が不思議と超簡単
    • 「大人2人用(ジュイール)」と「大人2人+子供2人用(メナージュ)」の2種類あります。メナージュは2段ベッド!
    • 色のバリエーションが20種類もあり豊富

    ポイント:ベッドマットの下に広大な空間ができるので車中泊時に最適

    詳細はRV Landさんが運営しているカングー専門の独立サイト[アトリエ・カングー]の中で紹介されてます。

    オシャレなHPですので是非っ!!

    2社ともオシャレで、それぞれ特徴が有りますが、僕の場合は登山やキャンプの荷物を床下におきたいこともあり、RV Landさんのジュイールを購入することにしました。

    次に、その取り付け体験談を紹介します。



    カングーで車中泊|ベッドキットの取り付け編

    参考になると思うので、順を追って詳細に説明しますね。

    ①ネットで発注

    現地で購入・取り付けもできるようですが、遠いのでネットで注文しました。

    色のバリエーションなどある為、注文生産で納品まで1か月弱かかるので注意してください。

    ネットで注文後、RV Landさんからいろいろと親切にアドバイスしていただきました。

    ②納品

    首を長くして待ち、やっと納品です。想像はしてましたがデカイっ!

    カングーベッドキット梱包
    My camera

    ③組み立て

    箱を開けると、おおぉ~~いい感じ。オレンジのストライプがオシャレっぽいですね。

    カングーベッドキット展開
    My camera

    部屋の中で説明書を見ながら組み立て。組み立てたらこんな感じです。所要時間20分。

    カングーベッドキット展開
    My camera

    ④車にセット

    セットと言っても、バックドア開けて、荷室に置くだけでした。専用キットなので、ボルトなど一切使用せずピッタリ収まります!

    床下の荷物置き場もしっかりありますね。

    カングーベッドキット車に装着
    My camera

    スピーカーボックスの上にもオシャレなキットが付きます。丸くえぐれてるところはスピーカーを避けてます。良く考えてある~

    カングーベッドキット展開
    My camera

    余ったベッドキットは2段になってこんな感じでピタッと収まります。

    カングーベッドキット装着
    My camera

    後席はフツーに使えてピッタリ収まっちゃいました。

    カングーベッドキット装着
    My camera

    梱包を解いてから、セット完了まで、1時間もかかりませんでした。さすが、RV Landさんの専用キット!

    次に車中泊する時のベッドキットの展開方法について紹介します。



    カングーで車中泊|ベッドキットの展開編

    このキットの優れたところは、展開時間がほとんど掛からないこと。感動の展開方法を順に説明しますね。

    ①後席を折りたたむ

    現地についたら、まず後席を倒します。カングーはワンアクションで倒れるので一瞬ね!

    カングーベッドキット使い方
    My camera

    ②スライドレールをスルスルと引き出す

    アルミのスライドレールを引き出し、後席の背中の上に足をのっける。なんか、メカっぽくていい感じですね。

    カングーベッドキット使い方
    My camera

    ③もう一段スライドレールをスルスルと引き出す

    引き出したスライドレールの中にもう一つスライドレールが入っていて、それをスルスルと引き出します。

    カングーベッドキット使い方
    My camera

    引き出した全景はこんな感じです。

    カングーベッドキット使い方
    My camera

    ④荷台の上段に置いてあったベッドマットをのっけると出来上がり

    引き出したスライドレールの上に、ベッドマットをポイポイっとのっけると、広大なフラットな空間ができちゃいました。

    カングーベッドキット使い方
    My camera

    ベッド展開は、見た目よりも、ホント楽にできますよ。慣れれば数分くらいかな。

    ちなみに、”カングーじゃない”って方も、いろんな車種に対応したベッドキットが売ってますので、是非のぞいてみてください!

    ステップワゴン ベッドキット



    カングーで車中泊|秘密基地化に向けた自作編

    ①ベッドキットの自作(一部)

    ベッドキットのスライドレールの先端が片持ち梁になるので、RV Landさんへ質問したところ、強度は問題ないとの事。

    少し気になったので、ホームセンターで部品を買ってきて、こんなものを作りました。

    カングーベッドキット DIY
    My camera

    これを、2段目のスライドレール下にセット。合わせて、ゴムのクッション材も付けました。

    カングーベッドキット DIY
    My camera

    部品のお値段は左右セットで1000円弱。

    気休めかもしれないけどこれで安眠できそうです(笑)

    ②テーブルの自作

    カングーのカフェテーブルの設置6
    My camera

    秘密基地での作戦会議やカフェタイムにはテーブルが必須。

    一瞬にして脱着できるテーブルで、僕の力作です

    詳細は車中泊のテーブルを自作|ベッドキットに脱着可能でキャンプにも使えちゃうを見てね。

    ③シェードの自作

    生地のカット
    My Camera

    安眠するためにはシェードも必須。

    磁石で一瞬にして装着できて、収納もコンパクトなシェードです

    詳細は車中泊でシェード|吸盤を使わず超簡単に取り付けられるシェードを自作を見てね。

    ④網戸の自作

    網戸装着風景
    My camera

    夏の車中泊には網戸も必須ですよね。

    内側から一瞬にして装着できる網戸で、出来上がるまで苦労しました

    詳細は車中泊で網戸|車内側から簡単にセットできるオリジナル網戸を自作を見てね。



    まとめ

    以上、愛車カングーで車中泊にベッドキットを取り付けて、秘密基地にカスタマイズした一端を紹介しましたが、いかがでしたか?

    自作ベッドも考えましたが、走行時にカタカタと音がするんじゃないかとか心配で、キットを買っちゃいましたが、カタカタ音など全くなく、買ってよかったと思っています。

    RV Landさんの回し者じゃありませんが、カングーでアウトドアされている方には、ベッドキットは必須ではないかと思います(笑)。