ピルツ15で冬キャンプ|フルインナーをつけて長年使って実感した5つの「いい所」
My camera

こんにちは、山キャン情報室 管理人の亀太郎です。

最近、はやりのワンポールテント。オシャレでインスタ映えすることもあり、最近は、いろんなキャンプ場でもちょくちょく見かけますよね。

でも、ワンポールテントは普通のテントに比べて高価なこともあり

  • 設営撤収が面倒じゃ?
  • 重たくて持ち運びが大変では?
  • 居心地はいいのかな?
  • 大きなワンポールテントだと冬は寒くないのかな?

とか、購入を迷っておられる方も多いと思います。

僕は5年ほど前からテント老舗メーカの小川キャンパル”ピルツ15Ⅱ”を夫婦二人で愛用していますが、これなしではキャンプに行けないくらい満足しています。

ここでは、フルインナーをつけて長年使って実感した「いい所」を5つに絞って独自レビューしましたので、ワンポールテントの購入を迷われている方は是非参考にしてください。




ピルツ15はオシャレで老舗メーカーのワンポールテント

ピルツ15Ⅱのいい所を紹介する前に、皆さんがどんな使われ方をしているか、覗いてみました。

夜のキャンプサイトとピルツのコラボ!映えますね~

 

オシャレな室内アレンジ~

 

なんと、電気毛布付きのダブルベッド。参ったぁ!!脱帽(笑)

皆さん、いろんな工夫をしてピルツ15Ⅱを楽しんでますね。

でも、冒頭でも書きましたが

  • 設営撤収が面倒じゃ?
  • 重たくて持ち運びが大変では?
  • 夜露とか居心地はいいのかな?
  • 大きなワンポールテントだと冬は寒くないのかな?

って、疑問がある方に、フルインナーをつけて長年使い続けてきた僕の経験から、ピルツ15Ⅱのいい所を5つに絞って紹介します。

スーさんスーさん

かっこいいけど、大きいので私には無理~


亀太郎亀太郎

僕も最初はそう思ったんですが、意外や意外にいいんです




いい所①:一人で設営できるので奥さん楽ちん

以前は、大型のツールームテントを持っていたのですが、夫婦二人で設営に時間がかかって、設営終わった時は、くたくたになってました。

それが、ピルツ15Ⅱに買い替えてホント楽になりました。

百聞は一見に如かずってことで、設営風景を順を追って載せますね。

なお、設営は僕一人でやって、かみさんは車の中で音楽聞きながら眠ってます(笑)

①グランドシートを敷いて、アウターシェルをその上にポイっと、のっけます

グランドシートを敷く
My camera

②グランドシートとアウターシェルをパチパチっと連結(8か所)

グランドシートとアウターシェルを連結
My camera

③4か所をペグ打ち

4か所をペグ打ち
My camera
ワンポイントアドバイス

・この時点でペグは4か所だけ打つこと(これ、経験からあみ出した最大ポイント)

・センターポールを入れやすくするため、ペグ打ちする4か所も、後から打ち直す前提で、ピンと張らない事

④センターポールを持ってごそごそと中に入ります

センターポールをもって中へ入る
My camera

⑤アウターシェルのトップにポールを差し込んでエイっと立ち上げ

センタポール立ち上げ
My camera
ワンポイントアドバイス

・この時点では、へなちょこでカッコ悪いですが、へなちょこ状態でポールを持ち上げないと、ポールが立ちにくいので、”へなちょこ”がポイントです。

・ただし、風の強い時はペグが抜ける可能性あるので、即座に⑥に移る事

⑥テントに張りが出るようにペグ打ち直して、残りの4か所もペグ打ち

8か所ペグ打ちしてテントに張りを付ける
My camera
ワンポイントアドバイス

・対角線上に少しずつ張っていきましょう

・ポールが真っすぐになっているか、よくチェックしてね

⑦張り綱を8か所付けて、ペグ打ち(弱風の時は不要)

張り綱を8か所ペグ打ち
My camera

⑧出入り口用ポールを二本ペグ打ち+小窓のひさし2か所ペグ打ち

出入り口の設定
My camera

これで設営完了です。

設営時間は一人でノンビリやって30分かかりません

なお、出入り口のひさしはいろんなアレンジができますが、雨以外はこんな感じにしてます。開放的でいいですもんね。

出入り口のアレンジ
My camera

後は夕陽見ながらくつろぐだけ~~

孫太郎の夕陽
My camera



いい所②:ワンルームマンション並みの居心地

我が家では夫婦二人で使っていることもありますが、ほんと広いです。まるでワンルームマンションにいるみたい(笑)。

「隅の方は高さが低くて使えない」って口コミもありましたが、そこは荷物スペースにすれば問題ありません。

リビングとベッドルームを兼用するので、冬はツールームテントの様にリビングからベッドルームに移った時に「寒い!」って事ありません。

僕はこんな感じで使ってます。インスタ映えするまではないですけど(笑)。

まず、テントマットを敷き詰めます。

テントマットを敷く
My camera

電源付きサイトでは、面倒なので、電灯をスポットライトの様に付けてます。

天井風景
My camera

冬キャンプでは石油ストーブを設置。トヨトミのレインボウね。

これ、ランタン代わりにもなるので便利。この時はインナーは付けていませんが、テント内は弱でも暑いくらい。

リビング
My camera

やや散らかってますが、こんな感じでくつろいでます。この時は電源なしサイトでしたので、LEDランタン2個とランタンストーブで明かりをとってます。

リビング
My camera

テーブルやキッチンセットは自作ですので、インスタ映えしませんね(笑)。




いい所③:フルインナーを付けると冬でもヌクヌク快適

春秋キャンプはインナーなしで十分ですが、真冬は別売りのフルインナーがあるとホント便利です。

フルインナーを付けると下の写真の様にアウターとインナーの間に空気層ができますよね。

インナーシェル装着状態
My camera

これが二つの効果を発揮!

  1. 外気との間に空気層ができるので、なんといっても暖か
  2. アウターシェルの室内側に付く結露攻撃から解放される

特に2.は抜群で、ツールームテントを持っている方は、頭がテントにあたるだけで髪がびしょびしょ、室内が水浸しになった経験あると思います。

僕も過去から悩んでたんですが、ピルツに変えて、これまで一度も結露に悩まされたことありません。

これが、5つのいい所の中で、僕の実感した最大の「いい所」です




いい所④:紐をひっぱるだけで天井換気をON・OFF

冬は室内でストーブつけるのは必須ですが、その際の換気が大事ですよね。

ピルツ15Ⅱは天井のトップから空気が抜けるようにできますが、操作が超簡単。

センターポール横の紐を引くだけで、換気口を開け閉めできて、少し開けたり、大きく開けたりも自由自在ですよ。

天井換気口
My camera

いい所⑤:ばらしてパッキングすれば意外に持ち運びが楽

これまでいい所を4つ紹介しましたが、最後の「いい所」は”意外にも持ち運びが楽”なところ。

ピルツ15は8人用の大型テントなので、確かに、大きくて重たいです。こんな感じ。

  • アウター+グランドシート:11kg
  • センターポール+出入り口用のポール:3.5kg
  • グ+ロープ+ハンマー:3kg
アウターシェルのセット
My camera

専用ハンマーはデカいですが、なんでも打ち込めますよ!

ハンマーとペグ
My camera
  • フルインナー:4.6kg(別売り)
インナーシェル
My camera

でも、4つ全部に専用の袋があるので、バラバラに運ぶことができます

もっとも重たいアウターとグランドシートのセットで11kg。これって、意外に軽いと思いませんか?

以上、ピルツ15Ⅱを5年間使って実感した「いい所」を紹介しましたが、次にその詳細スペックを紹介します。




ピルツ15Ⅱの詳細スペック

  • 重量:幕体/約11.0kg、ポール/約3.5kg
  • 素材:本体/ポリエステル210d(耐水圧1800mm)、グランドシート/ポリエステル・210d(耐水圧1500mm)、ポール/スチール径32mm
  • パッキング:120×28×32cm
  • 付属品:張り出しポール、スチールピン、張綱、金づち、収納袋
  • 機能:テフロン加工、UVカット加工、シームシール加工

詳細はココ↓に詳しく書いてありますので見てね。なお、価格ディスカウントしたサイトもありますので、よく調べてみてください・

小川テント ピルツ15
created by Rinker
¥137,500 (2020/02/19 12:24:17時点 楽天市場調べ-詳細)

冬キャンプの相棒フルインナーは別売りとなっており、詳細はココ↓。

ピルツ15フルインナ
created by Rinker
¥38,500 (2020/02/19 12:24:17時点 楽天市場調べ-詳細)

なお、ハーフインナーもあります。ワンルームじゃなくリビングと寝室を別にしたい方はこちらもいいかもしれません。

ピルツ15ハーフインナー




おまけ:極寒キャンプはピルツ15-T/Cで薪ストーブ

今回は冬キャンプに石油ストーブを持ち込んで使う、僕のスタイルで紹介しましたが、最近はこんな感じで薪ストーブを持ち込んで楽しむ方も多いですよね~

そんな方には薪ストーブが使える様に上部にストーブ用の煙突ホールを装備して、幕の材質も変えているピルツ15-T/Cがおすすめです。

ピルツ15 T/C
created by Rinker
¥137,500 (2020/02/20 00:39:09時点 楽天市場調べ-詳細)

ただ、ピルツ15Ⅱに比べて、やや重くなることなどもあり、自分のスタイルに合わせた選択をすればよいかと思います。

ワンポイントアドバイス

2020年1月8日時点で、小川キャンパルのホームページを確認したところピルツ15Ⅱは出ていませんでした。

ピルツ15 T/Cに置き換える様ですが、在庫が少なくなると高価になる可能性もあるので、薪ストーブを使わない前提の方は早めの検討が必要かもしれません




まとめ

以上、僕の愛用しているピルツ15Ⅱについて、長年使って実感した「いい所」を5つに絞って独自レビューしましたが、いかがでしたか?

けっして安価な買い物ではないので、僕のブログ以外にもいろんなレビューが出ていますし、自分のキャンプシーンに合わせて、慎重に検討してください。

亀太郎亀太郎

ご覧いただきありがとうございます。他にも最新情報満載です!サイトトップをクリックしてねっ!