登山に適したCW-Xのモデルはどれ?|CW-Xを長年履き尽くした僕の経験をもとに紹介
My camera

こんにちは、山キャン情報室 管理人の亀太郎です。

皆さん、登山でサポートタイツって履いてますよね?

サポートタイツの中でも王道なのが「CW-X」。僕も登山始めてから、CW-Xは登山に無くてはならない装備となってます。

ただ、CW-Xにはいろんなモデルがあり、どれにしようか迷っている方や、今履いているモデルが合わなくて悩んでいる方も多いかと。

ここでは、登山に適したCW-Xのモデルはどれ?と題して、CW-Xを長年履き尽くした僕の経験をもとに、いろんな角度から紹介します。




CW-Xには大きく分けて3つのモデルがある

サポートタイツにも「コンプレッション系」と「サポート系」の2つあり

登山ではサポートタイツが必須
My camera

サポートタイツと一言で書きましたが、実は「コンプレッション系」と「サポート系」の二つあり、その特徴を簡単にまとめると、こんな↓感じ。

「コンプレッション系」と「サポート系」の特徴

「コンプレッション系」

圧力をかけ血行を良くし、血液循環が改善されると疲労回復速度が速まるので、長時間の登山でも疲れにくくなる。

  • 効果:血流改善、疲労の軽減、むくみ防止
  • おすすめの人:足がむくみやすい人、疲労を残したくない人

「サポート系」

筋肉や関節のサポート。筋肉に圧力をかけ動きをサポートし、パフォーマンスの向上を図り、けがの防止にも。

  • 効果:筋肉・関節の負担軽減、動きのサポート
  • おすすめの人:膝や腰に不安がある人、長時間歩く人

ここでは「サポート系」に焦点を絞って紹介します。

CW-Xには大きく分けて3つのモデルがある

「サポート系」タイツの王道がCW-Xで、大きく分けて3つのモデルがあり、こんな↓感じです。

細かく言うと、フィットネス用やマラソン用も含めて5つのモデルがありますが、ここでは省略します

CX-Xの効果と用途

エキスパート

  • 効果:股関節・ふともも・ひざ・ふくらはぎの保護
  • 用途:ウォーキング・ジョギング

スタビライクス

  • 効果:エキスパート+腰の保護
  • マラソン・登山(短〜中距離)

ジェネレーター

  • 効果:スタビライクス+おしりの保護
  • 用途:トレイルラン・登山(長距離)

値段もエキスパート<スタビライクス<ジェネレーターの順に高価になります。

登山には「スタビライクス」と「ジェネレータ」が適しており、僕もこの2モデルを登山初めて15年間程度で4枚履き尽くしています

その経験を涙の体験も含めて順に紹介しますね。

登山に適したCW-Xのモデルはどれ?|❶登山始めて「スタビライクス」を2世代使いまわす

CW-X 1代目スタビライクス

木曽駒ケ岳とCW-X1代目スタビライクスモデル
My camera @木曽駒ケ岳

登山初めてすぐに、スタビライクスモデルを購入。

当初は、日帰りか、2泊程度のテント泊でしたが、即CW-Xの魅力にはまりました。

なんといっても、膝と腰のサポートが抜群で、歩いていてもブレない

CW-X1代目スタビライクスモデル
My camera

着脱は大変ですが、無くてはならない相棒になりました。

CW-X 2代目スタビライクス

鹿島槍ヶ岳とCW-X2代目スタビライクスモデル
My camera @鹿島槍

だんだん、登山にはまって、CW-Xも1代目から2代目のスタビライクスに更新。

更新した理由は白いラインが、こんな感じで気に入っただけでした(笑)。

CW-X2代目スタビライクスモデル
My camera

このころは山岳会に入って、毎週の様に登っていたので、穴だらけに。

CW-Xはワコールまで送れば無償で補修してくれますが、送付している時間がもったいないので、穴が空くたびに近くの縫製屋に頼んでましたが、数日でこんな感じでバッチリ。

CW-Xの補修後
My camera

ワコールの無料保証については、さきまるさんのブログ、【補修】CW-Xのタイツを破ってしまいワコールに修理を依頼した話で紹介されていますのでご参考に。

涸沢カールとCW-X2代目スタビライクスモデル
My camera @涸沢カールテン場

この2代目はベストチョイスで、履き尽くして補修だらけに(笑)。

この後、「ジェネレーター」にグレードアップ。次に、その涙の経験を紹介します。

登山に適したCW-Xのモデルはどれ?|❷長期縦走を契機に「ジェネレーター」にグレードアップ

雲ノ平テン場とCW-Xジェネレーター
My camera @雲ノ平テン場

だんだん登山にハマッてきて、1週間程度のテン泊長期縦走に行くように。

「2代目スタビライクス」がボロボロになってきたこともあり、長距離向きの「ジェネレーター」にグレードアップ

立山~薬師岳縦走とCW-Xジェネレータ
My camera @越中沢岳

「ジェネレータ」はおしり廻りもサポートするため、腰からおしり廻りはきつく締まりますが、1週間程度のテン泊でも問題なしでした。

CW-Xジェネレーター
My camera

でも、思わぬ大問題が発生

長く歩いていると左の腰から足にかけてシビレが起こる。

左の腰から足にかけてのシビレは「大腿外側皮神経痛」のようでした

シビレの原因がわからず悩んでいたら、山友から「大腿外側皮神経痛では?」との指摘を受けました。

外側大腿皮神経痛
出典:整体院-カイル HP

ネットで調べてみると、こんな↓感じ。

  • 大腿外側皮神経痛は、神経の出口をつぶしてしまうような、きつめのガードルをはいたりすることで、起こることもあります。
  • 太ももの前や外側にしびれや痛みが起こりますが、運動麻痺は起こりません。立ったり歩いたりすることで痛みが強くなるため、腰の病気と間違えやすいことがあります。

これ、僕の症状とピッタリ一致。

「ジェネレーター」の腰回りのサポートが強すぎて、『大腿外側皮神経』が締め付けられた事が原因の様です。

なので、こんな↓感じで、肩パッドを腰回りに入れたりしましたが、効果は限定的。

肩パッドを挟み込む
My camera

悩んだ挙句、他メーカーの「コンプレッション系」などを履いてみたが。。。

別メーカーのサポートタイツを履いてみる
My camera

そもそも、CW-Xはサポートが強すぎて、自分には合わないかもって、上の写真のような他メーカーのモデルにも手を出しました

確かに、左足のシビレは軽減されるものの、CW-Xのようなサポート性はなく、一度履いただけでお蔵入り(笑)。

試行錯誤していた所に、ワコールから新製品が発売されました。次に、紹介します。

登山に適したCW-Xのモデルはどれ?|❹最終的に「スタビライクスモデル」に戻る

黒部五郎岳とCW-X3代目スタビライクスモデル
My camera @黒部五郎岳

我慢して「ジェネレーター」や2代目「スタビライクス」でごまかしてましたが、2020年9月にワコールから「スタビライクス2.0」という新製品が。

試着してみると、これまでの痛みはどこやらって感じで、「スタビライクス2.0」が3代目スタビライクスに。

CW-X3代目スタビライクスモデル
My camera

「CW-Xスタビライクス2.0」の特徴

2020年9月に発売となった「スタビライクスモデル2.0」。

これまでのものとはウエスト廻りが大幅に変わっており、簡単に言うと「20cm程度の幅広のゴムベルトで締める」ような感じ

細心のCW-Xスタビライクスモデルのウエスト廻り
My camera

「ジェネレーター」は線で締め付けていたのが、こんな↓感じで腰回りの締め付け力が分散します。

ジェネレーターと3代目スタビライクスの腰回り比較
My camera

1代目・2代目スタビライクスも同様です。

1代目・2代目スタビライクスと3代目スタビライクスの比較
My camera

3代目スタビライクスになった途端に、腰から足のしびれが全くなくなってしまいました

更に、サポート性も十分すぎるほどあります。

この効果は本当に絶大。

最後に、僕の経験からのCW-X選びのアドバイスを紹介します。

登山に適したCW-Xのモデルはどれ?|僕の経験からのアドバイス

アドバイス
出典:いらすとや

僕の経験からのアドバイスは、こんな↓感じです。

  1. 中高年で初めてCW-Xを買う人は「スタビライクス2.0」
  2. これまで、僕の様に足のシビレを感じたことがある人は「スタビライクス2.0」に買い替える
  3. 若い人で長距離をバリバリ歩きたい人には「ジェネレータ」

もちろん、個人差はあると思いますので、参考程度と考えて下さいね。

なお、「スタビライクス2.0」と「ジェネレータ」のスペック詳細はここ↓を参照ください。

CW-X スタビライクス2.0
created by Rinker
CW-X ジェネレーター
created by Rinker

まとめ

以上、登山に適したCW-Xのモデルはどれ?と題して、CW-Xを長年履き尽くした僕の経験をもとに、いろんな角度から紹介しましたが、いかがでしたか?

もちろん、個人差あると思いますが、記事を参考にしていただき、自分に合ったCW-Xを選んで、怪我無く登山を楽しんでいただけたら嬉しいです。