人類未踏峰の山 マチャプチャレ(ネパール、6993m)の謎を徹底調査
出典:Wikipedia

こんにちは、山キャン情報室 管理人の亀太郎です。

1953年にヒラリーがエベレストに初登頂して70年近くたち、それ以降、登山技術や装備は当時から比べものにならないくらい進歩してきてますよね。

でも、標高はエベレストより低いものの未踏峰の山が数多くあり、そんな山に焦点を絞って、その理由やエピソードを調査しています。

ここでは、その第一弾として、人類未踏峰の山 マチャプチャレ(ネパール、6993m)の謎を徹底調査しましたので、紹介します。





人類未踏峰の山「マチャプチャレ」ってどんな山?

マチャプチャレは、ネパールの中北部のアンナプルナ山系にある山で、標高は、6993メートル

上の写真の様に2つの山頂が並んでいる様子が魚の尾に似ているため、ネパール語で「魚の尾」を意味するマチャプチャレの名前で呼ばれるようになったとか。

アンナプルナ山系の中でも、特に神聖な山として地元の住民から崇敬されている山で、ネパール政府により登山が禁止されており、未踏峰となっている。

見る角度によっては、ヨーロッパの名峰マッターホルンに似ていることから、「ネパールのマッターホルン」と呼ばれています。

一言でいうとこんな感じですが、次に、どこにあるか紹介します。

「マチャプチャレ」はどこにあるの?

人類未踏峰の山 マチャプチャレの位置
出典:Google Map

マチャプチャレはアンナプルナ山系から南に伸びる長い支脈の端にあり、ここはアンナプルナ保護区の境界。

アンナプルナ保護区は人気のトレッキングコースとなっており、マチャプチャレ山頂は中心都市ポカラから北に約25キロメートルの位置にある。

都市からはこんな↓感じで、目の前に見えるようです。

「マチャプチャレ」は『ネパールのマッターホルン』と呼ばれている

マチャプチャレはその南側が比較的低地であることもあって、急峻な斜面となっており、特徴的な山頂を持っています。

2つの山頂が並んでいますが、見る角度によってはヨーロッパの名峰マッターホルンに似ていることから、「ネパールのマッターホルン」との愛称で呼ばれています。

下の写真はヨーロッパのマッターホルンですが、ほんと良く似てますよね。

逆さマッターホルン
出典:tabicoffret.com

「マチャプチャレ」は『世界で最も美しい山』とも呼ばれている

マチャプチャレは『世界で一番美しい山』とも呼ばれています。

でも、世界中に美しい山は沢山あるのに、何故、そうやって呼ばれているのか、独自調査をしたところ、こんな事実が分かりました。

この事実が正しければ、納得がいきますよね?

亀太郎独自調査で分かった事実

後から紹介しますが、マチャプチャレには山頂手前150mまで登った登山隊がいます。

その中の一人の『ウィルフリッド・ノイズ』が下山後に書いた著書にこんな↓ものがありました。

人類未踏峰の山 マチャプチャレの書籍
出典:日本の古本屋

ここで『ヒマラヤで一番美しい険しい山』として紹介されてます。

日本語訳は日本百名山の著者 深田久弥さん。

1962年刊行の古書で在庫切れとのことなので、内容は読めていませんが、実際に山を登った登山者の感想なので、ホントに美しい山なんでしょうね。

では、こんな美しくて、街からも見える山が、なぜ未踏峰なのか、次に紹介します。



「マチャプチャレ」が未踏峰になっている理由

理由1:宗教的な理由

マチャプチャレはシヴァ神に関連しているとネパールの人々に崇められており、その事から神聖な場所として大切に守られているのが第一の理由。

日本でいえば青森県の恐山みたいな所なんでしょうか。

シヴァ神とは?

シヴァ伸
出典:Wikipedia

  • シヴァはヒンドゥー教の神
  • 現代のヒンドゥー教では最も影響力を持つ3柱の主神の中の1人であり、特にシヴァ派には最高神に位置付けられている

理由2:ネパール政府から登山許可が下りない

神聖な場所として崇められている山ということもあり、ネパール政府から登山許可が下りることが無い為、立ち入ることができません。

なので登山家が登頂することが困難で、未だ未踏峰のままの山となってしまっている訳。

神聖な山というだけではなく、これが一番大きな理由ですね。

ただ、本当に、登った人はいないのか、次に紹介します。

「マチャプチャレ」は本当に未踏峰?

1957年に山頂手前50mまで登った記録も

実は、過去に山頂手前の50メートルまで登ったことがあるという記録が残されています。

1957年のジミー・ロバーツを隊長とする率イギリス隊によるもの。

隊員のウィルフリッド・ノイスとA・D・M・コックスが、北稜を経由して山頂からの距離150m(標高6,947m)の地点まで到達。

しかし、登山隊はネパール国王に対し頂上には足を踏み入れないと約束していたため、山頂まではいかなかったそうです。

その時の隊員ウィルフリッド・ノイスの著書にこんな古書があるようですので、良かったらどうぞ。

この登山を最後に、マチャプチャレへの登山の許可は出されおらず、この記録を除いてマチャプチャレに登った記録は一切ないとのことです。

ただ、1980年代に気になる報道も

ただ、1980年代にニュージーランドの登山家ビル・デンツが、許可を得ずに入山し、登頂に成功したという報道があるようですが、これ以上の詳細はつかめませんでした。



まとめ

以上、人類未踏峰の山 マチャプチャレ(ネパール、6993m)の謎を徹底調査した内容を紹介しましたが、いかがでしたか?

山は、やはり神聖なものなんですね。

人類未踏峰の山や世界の危険な山は他にも多くあり、ここで↓紹介していますのでよかったらどうぞ。