テントの結露の乾かし方|撤収までにテントの結露を乾かす6つのノウハウ
My camera

こんにちは、山キャン情報室 管理人の亀太郎です。

キャンプで悩まされるテントの結露。

朝起きたらテントがびっしょり。撤収まで乾かなくて、濡れたまま車内に持ち込んで苦労したことありませんか?

ここでは、テントの結露の乾かし方として、撤収までにテントの結露を乾かす6つのノウハウを紹介します。


この記事を書いている人
登山歴:2007年~キャンプ歴:1995年~
この記事を書いている人
九州の大学卒業後、愛知県の自動車会社で車体構造の研究に従事する傍ら、1995年からデスクワークのストレス解消にオートキャンプを始める。

2007年からは、「山頂でテント泊をしたい」との単純な発想から、登山を独学で学び(一時期、山岳会に所属)、今はソロテント泊主体に活動中。

>>詳しいプロフィールはこちら

そんな経験もふまえ、大手メディアでは取り扱っていないノウハウや小ネタ情報を発信しています。





テントで室内側の結露を防ぐにはテントインナーが必須

テントの結露の乾かし方を説明する前に、まずは室内側の結露の防ぎ方を紹介します

室内側は、呼気や汗などが水蒸気となり「湿度」が上がることでテントの内側に水滴として残るもので、特に暖房を使ったりする冬は結露が起こりやすい。

でも、テントインナーを付けると、アウターとの間に空気層ができて、インナーは結露しません

この↓写真は愛用のピルツ15ですが、インナーが結露したことは殆どありません(全くないかな!)。

インナーシェル装着状態
My camera

ただ、アウターはびっしょり。これで撤収したら車内が濡れちゃうじゃん(泣)。

僕もその一人でしたが、撤収時までにテントの結露を乾かす6つのノウハウを、実体験から、次に紹介します

スクリーンテントのリビングエリア(インナーなし)の結露対策

  • できるだけ換気した状態で寝る(寝室は寒いのでしっかり閉めて、リビングは換気)
  • 起床してテントから出る前に、乾いた布でひたすら拭く(出入りの振動で水が落ちてきて、リビングが水浸しに)
  • コットン生地のテントにする(コットンは結露が発生しにくい)

チャットでご相談。山キャン情報室では、「○○な情報も知りたい」など、読者様のご質問やご相談に、お答えしています。

テントの結露の乾かし方|撤収までにテントの結露を乾かす6つのノウハウ

ノウハウ1:朝日が出る方角を確認してテントサイトを選ぶ【最重要】

朝日がテントに当たるように!
My camera

冬キャンプは比較的空いているので、テントサイトをある程度自由に選択ができますよね。

そんな時に必須の装備が『コンパス↓』

コンパスでテントサイトの方向を確認
My camera

その時のポイントがこれ↓

コンパスで朝日が出る方向を確認して、朝日がテントに早く当たるサイトを選びましょう!

僕がよく行っている三重県の孫太郎オートキャンプ場を例に簡単に説明します。

孫太郎オートキャンプ場は海辺にありますが、サイトの裏側は山が迫っており、サイトの選び方で朝日の当たり方が大きく違う

テントを張るサイトを決める
My picture@孫太郎オートキャンプ場

孫太郎オートキャンプ場での冬キャンプは、サイト①がベスト。朝日がばっちり入ります。

サイト②はセンターハウスが朝日をブロックして、なかなか朝日を拝めません。

サイト③は夏は木陰でいいですが、昼頃まで日が入ってこない。

こんな↑感じのサイトの選択は、テントの結露を乾かす最大のポイントと思います

ノウハウ2:朝起きたら、まずテントを揺する

朝起きたらテントを揺する
My picture

冬の太陽は弱いので、早く乾かすためには、早く夜露を落としてやることが重要。

朝起きてテントから出たら、真っ先にテント揺すって下さい

ガイロープを持ってブルブルっと揺するだけで十分です。



ノウハウ3:意外と忘れがちなテントスカートの水たまりを早めに処理

テントスカートの水たまりを処理
My picture

テントを揺すった後に意外に忘れがちなことが、テント下部の水の処理。

場所によっては水たまりになっていることもあるので、ぞうきんで拭いておいてください。

ノウハウ4:大型テントは『窓ふきワイパー』が便利

大型テントには窓ふきワイパーが便利
My picture

テントを揺すってあげれば夜露は流れていきますが、ぞうきんで拭いた方が乾きが早いです。

テントを拭く
出典:hinataさんのHP

ただ、スクリーンテントや僕愛用のピルツ15などは、高すぎて上の方まで拭けません

そんな時に大活躍するのが、こんな『窓ふきワイパー』。

窓ふきワイパーは、大型テントを持っている方の必須装備と言ってもいいと思います。

ノウハウ5:時間に余裕あればレイトチェックアウトを選択

レイトチェックアウト
出典:いらすとや

時間に余裕があれば、レイトチェックアウトで予約しておくと、確実に乾かすことができます。

通常だとチェックアウトが12時なので、テント撤収は11時までには必須ですが、意外と乾かないことも。

レイトチェックアウトだと更に3時間は余裕ができるので、冬キャンでは絶対おすすめです。

注意:1000~1500円の追加料金が掛かります

ノウハウ6:撤収時は早めにテントを逆さまにする

一番濡れてて、やっかいなのが、アウターのグランドシート。

ドームテントの場合は、荷物を出してテント内を空にしたら、ひっくり返して乾かすといいです。

ただ、風で飛ばされない様に、必ずペグで2か所固定しておいてくださいね。

キャンプ初心者の頃に、突風で飛ばしてしまって、テントポールを折ってしまった(そよ風だと思って安心していると危険!)

ワンポールテントの場合は、逆さまにはできませんが、極力早めにグランドシートを取り出して乾かしておきましょう。

まとめ

以上、テントの結露の乾かし方として、撤収までにテントの結露を乾かす6つのノウハウを紹介しましたが、いかがでしたか?

ちょっとした事ですが、実践してみると、気持ちよくテントの撤収ができますので、参考にしてくださいね。

では、夜露を克服して、キャンプに行きましょう!

チャットでご相談。山キャン情報室では、「○○な情報も知りたい」など、読者様のご質問やご相談に、お答えしています。