ユニフレーム フィールドラックの天板を自作|市販キャンプテーブルの代用が可能に!

こんにちは、山キャン情報室の管理人 亀太郎です。

キャンプにテーブル、これ必須ですよね。

でも、市販のテーブルはキャンプ道具の中でもかさばるので、車に積んで持って行くのに苦労していませんか?

ここでは、ユニフレーム フィールドラックの天板を自作したら、市販キャンプテーブルの代用が可能になったので、紹介します。


この記事を書いている人
登山歴:2007年~キャンプ歴:1995年~
この記事を書いている人
九州の大学卒業後、愛知県の自動車会社で車体構造の研究に従事する傍ら、1995年からデスクワークのストレス解消にオートキャンプを始める。

2007年からは、「山頂でテント泊をしたい」との単純な発想から、登山を独学で学び(一時期、山岳会に所属)、今はソロテント泊主体に活動中。

>>詳しいプロフィールはこちら

そんな経験もふまえ、大手メディアでは取り扱っていないノウハウや小ネタ情報を発信しています。





ユニフレーム フィールドラックの天板を自作|市販キャンプテーブルの代用が可能に!

車載時に意外に苦労するのがキャンプテーブル

市販品は思ったサイズがないので、自作にあたってこんな計画を立てました。

フィールドラック自作計画

  • 市販のキャンプテーブルの代用として使う
  • 車載時は超コンパクトに!

では、その自作風景を写真入りで紹介します。

①ユニフレーム フィールドラックを購入

ラックとして段積みができる代物ですが、自作するよりもコンパクトになるということで、3枚購入。

ユニフレームフィールドラック
My camera

2枚は僕と妻のサイドテーブルに、1枚はキッチンテーブルとして使用します。

②サイドテーブルの天板自作

ラック単体ではテーブルとして使えないので、天板を自作しました。

オプションとしてこんな↓商品がユニフレームから売ってますが、高価だし、自作の方がオシャレですもんね。

ホームセンターで材料を買ってきて切断して、表面仕上げてペンキ塗り。

ユニフレームフィールドラック3
My camera

ラックに出っ張りがあるので、現物合わせで、彫刻刀で少し細工↓

ユニフレームフィールドラック天板の自作
My Camera

出来上がりはこんな感じ。

ユニフレームフィールドラック天板の自作2
My camera

ラックに乗っけると、なかなかいい感じ。

ユニフレームフィールドラック天板の自作3
My camera

折りたたむと、足の部分も含めて目標の厚さ2cmを達成!

ユニフレームフィールドラック天板自作3
My camera

③キッチンテーブルの自作

サイドテーブルの次は、キッチンテーブル。

キッチンテーブルには、ガスバーナーと五徳を置く事もあり、耐熱性を考えて、ステンレス天板を購入しました。

ユニフレームフィールドラックステンレス天板
My camera

天板は購入品で済ませましたが、ガスバーナーと五徳はこんな↓感じで一部自作してます。

ユニフレームフィールドラック4
My camera

詳細はシングルバーナーの風防付き五徳を自作|スノピのグリルネットが五徳に変身で紹介してます。

キッチンセット

  • ガスバーナ:PRIMUS Ultra Spider Stove(登山用の高火力バーナー)
  • 五徳:スノピのグリルネット+自作の風防

次に、その車載時の収納編を紹介します。

チャットでご相談。山キャン情報室では、「○○な情報も知りたい」など、読者様のご質問やご相談に、お答えしています。

ユニフレーム フィールドラックの天板を自作|車載時は厚さ2cmの超コンパクト

下の写真は、テーブルセットを3枚を車載したものです。

ユニフレームフィールドラックを積む
My camera

いったい、どこにあるんでしょう?

わかりますか?

ユニフレームフィールドラックを車に積む
My camera

種明かし

荷台のカバーをめくると出現します。

カングーの荷台の床にピッタリ3枚収まってます(笑)

ユニフレームフィールドラックを車に積む2
My camera

なんと、車載時のテーブルの存在感が全くなし。

ユニフレームフィールドラックを車に積む3
My camera

忍術のような、車載時のテーブルのコンパクト収納術ですよね。

最後に、キャンプテーブルとして大活躍しているシーンを簡単に紹介します。

ユニフレーム フィールドラックの天板を自作|いろんなシーンで市販キャンプテーブルの代用として活躍

シーン1:大型テント内

テント内で、お好み焼きを作っている所。

食材から、取り皿やワイングラスまでストレスなく置くことが可能。

キッチンテーブルを対面とすれば、お好み焼きを作りながら、熱々を食べれるメリットも。

ユニフレームフィールドラックのテーブルでキャンプ
My camera

シーン2:タープだけのキャンプ

箱根のキャンプ場でのワンシーン。

大型タープの下でのんびりとコーヒータイム。

ユニフレームフィールドラックテーブルでキャンプ
My camera

フィールドラックを使ったテーブル、意外に広い。

ユニフレームフィールドラックテーブルでキャンプ
My camera

中央の丸テーブルは自作(詳細は車中泊のテーブルを自作|コンパクトに収納できるDIYテーブルを自作したい方必見を見てね)

シーン3:登山口駐車場での車中泊

このテーブルセットの一番いい所は、さっと、いつでも、どこでも取り出せる所。

前夜泊の登山口で駐車場が空いている時は、こんな感じで晩ご飯を食べれます。

車が空いている時のみ使用してます。悪しからず。

市営新穂高第3駐車場でくつろぐ
My camera

まとめ

以上、ユニフレーム フィールドラックの天板を自作したら、市販キャンプテーブルの代用が可能になった話を紹介しましたが、いかがでしたか?

僕の車はベッドキット付きですが、他の車にも十分応用が利くのではないかと思います。

テーブルに限らず道具をコンパクトにして、楽しいキャンプライフを送りましょう。

チャットでご相談。山キャン情報室では、「○○な情報も知りたい」など、読者様のご質問やご相談に、お答えしています。