車中泊で日本一周|RVパークを使った関東・東北・北陸の一周計画(その2)
My picture

こんにちは、山キャン情報室 管理人の亀太郎です。

「車中泊で日本一周」

いつかはやってみたいと思いつつ、なかなか実行に移せないまま。なんでだろう?

よく考えると、「漠然と思ってるだけで、具体的な計画がない」。

これじゃいけないって事で、車中泊で日本一周に向けた、RVパークを使った関東・東北・北陸の一周計画を作りました。

3部作となりますが、ここでは第1部の続きとして第2部を紹介します。






日本全体を4エリアに分けて「関東・東北・北陸エリア」からスタート

日本一周計画の4エリア
My picture

第1部でも紹介しましたが、日本全体をこんな↓感じで4つのエリアに分けて実行しようかと。

  1. 北海道エリア
  2. 関東・東北・北陸エリア
  3. 近畿・中国・四国エリア
  4. 九州エリア

まずは、「関東・東北・北陸エリア」からスタートしようと、計画を立てました。

関東・東北・北陸エリア
My picture

自宅から「⑧福島県 RVパーク道の駅猪苗代」まではその1で紹介しましたので、今回は関東エリアから東北エリアまでの周回コース(9泊分)を紹介します。

RVパークを使った関東・東北・北陸の車中泊計画(その2)

車中泊で日本一周計画(その2)
My picture

「 ⑨宮城県 RVパークまほろば」から「⑰秋田県 道の駅象潟ねむの丘」までの行程を紹介します。

  • 走行距離:1102km
  • 宿泊数:9泊(RVパーク・道の駅・民宿など)

9泊目: 宮城県  RVパークまほろば (119km)

詳細→くるま旅クラブのRVパークまほろば

スペック

  • 2400円/泊
  • 収容台数:8台
  • 24時間トイレあり/ごみ処理可能/電源あり/水道あり/入浴施設あり

その1で紹介した8泊目の「福島県 RVパーク道の駅猪苗代」から宮城県に突入。

ここは、蔵王山の麓にある遠刈田温泉郷で、日帰り温泉「まほろばの湯」が併設されているのがうれしいですね。

10泊目: 宮城県 RVパークライト道の駅三滝堂 (120km)

RVパークライト道の駅三滝堂
出典:車旅クラブ HP

詳細→くるま旅クラブのRVパークライト道の駅三滝堂

スペック

  • 500円/泊
  • 収容台数:6台
  • 24時間トイレあり/ごみ処理可能/電源あり/水道あり

2017年にオープンしたばかりで、設備も新しくすごくきれいな感じの所です。

近くにお風呂はありませんが、個人的には楽しみなRVパーク。

翌日から始まる「2泊連続の道の駅での仮眠」に備えて英気を養いたいところ。

11泊目(仮眠): 岩手県 道の駅『高田松原』(62km)

詳細→道の駅『高田松原』HP

スペック

  • 0円/泊(仮眠)
  • 24時間トイレあり/約10km先に大船渡温泉

東日本大震災の追悼は、今回の車中泊旅の目的の一つ。

以前から気になっていた奇跡の一本松高田松原津波復興祈念公園・東日本大震災津波伝承館に行ってみようと思います。

12泊目(仮眠): 岩手県 道の駅『たろう』(121km)

詳細→道の駅『たろう』HP

スペック

  • 0円/泊(仮眠)
  • 収容台数:台
  • 24時間トイレあり

ここも、気になっていたところ。

震災遺構たろう観光ホテルを見て、田老の防潮堤を歩いてみたい。

ここまでで、12泊目(走行距離は約1200km)と、間違いなく疲れが出ているはず。

なので、折り返し地点にとなる以降の3日間をホテル・民宿泊まりにして、疲れをとろうかと。

その変わり、走行距離は長くして距離は稼ぐ予定(笑)。

13泊目: 青森県 三沢市のビジネスホテル (155km)

ビジネスホテル
出典:いらすとや

詳細→現地で探す

スペック

  • 7000円/泊

ここでは、風呂に入れて、眠れれば十分。

14泊目:青森県 大間町の民宿  (129km)

大間のまぐろを民宿で食べる
出典:いらすとや

詳細→現地で探す

スペック

  • 7000円/泊
  • 夕食/朝食/風呂付き

時期は合わないかもしれませんが、お寿司屋さんで本場大間のマグロを食べてみたいっ。

15泊目: 秋田県 十和田湖周りの民宿 (188km)

民宿
出典:いらすとや

詳細→現地で探す

スペック

  • 7000円/泊
  • 夕食/朝食/風呂付き

今回の旅でもっとも長い走行距離区間。

頑張って走って、その後、十和田湖見ながら民宿でゆっくりしようかと。

16泊目: 秋田県 RVパークユーランド (141km)

RVパークユーランド
出典:車旅クラブ HP

詳細→くるま旅クラブのRVパークユーランド

スペック

  • 2200円/泊
  • 収容台数:2台
  • 24時間トイレあり/ごみ処理可能/電源あり/入浴施設あり

ビジネスホテル・民宿泊まりから車中泊に戻ろうと思ってますが、収容台数が2台と少ないので、事前の予約をしっかりする必要あり。

もし、泊まれなかったらビジネスホテルになるかも。最悪、道端で車中泊か野宿(笑)

17泊目(仮眠): 秋田県 道の駅象潟『ねむの丘』(67km)

詳細→道の駅象潟『ねむの丘』

スペック

  • 0円/泊(仮眠)
  • 24時間トイレあり/展望温泉あり

ここは、東北最大級の道の駅で海辺の最高のロケーションの道の駅

晴れれば、海に沈む夕日と反対側は鳥海山の絶景が見えるようです。

RVパークじゃなくて道の駅なので仮眠とはなりますが、楽しみな所。

パワーがあれば、鳥海山にも登ってみたいけど、その後の行程を考えると、ちと厳しそう。

まとめ

以上、車中泊で日本一周に向けた、RVパークを使った関東・東北・北陸の一周計画(その2)を紹介しましたが、いかがでしたか?

コロナが収まったら決行したいっ!

なお、日本一周に限らず、東海・関東エリアのRVパークの参考にもなるかと思います。