ジェットボイルでドリップコーヒー|山頂で手軽にドリップコーヒーを淹れる小技
My camera@鹿島槍山頂

こんにちは、山キャン情報室 管理人の亀太郎です。

登山に行くと、必ず見かけるジェットボイル。

僕もジェットおボイル愛好家で、山のパートナーとして大活躍しています。

登山の最大の楽しみが『山頂コーヒー』。でも、山頂では風が強かったり、時間がなかったり、なかなかゆっくりコーヒが飲めないもの。

ここでは、ジェットボイルを使って、山頂で手軽にドリップコーヒーを淹れる小技を紹介します。





スーさんスーさん

山でコーヒー飲めるんですか?でも、美味しいのかな?


亀太郎亀太郎

山頂でのドリップコーヒー、至福のひと時ですよ~

山頂で飲むドリップコーヒーの魅力

山頂で飲むドリップコーヒーの魅力は、言葉で語っても百聞は一見に如かずって事で、その写真の一部を紹介します。

北岳の北ノ肩小屋でのモーニングコーヒー

テントの中で寝ころんで朝日を見ながらのモーニングコーヒー

感動で涙しながらコーヒーを飲んだ記憶が。

北岳 北ノ肩小屋
My camera@北岳 北ノ肩小屋

鹿島槍ヶ岳山頂から劔岳を見ながらの山頂コーヒ

お花畑を見ながら山頂に到着して、丸太ベンチでお昼のコーヒータイム

コーヒー飲みながら一時間ぐらいぼ~~っとしてました(笑)

鹿島槍山頂2
My camera@鹿島槍山頂

薬師岳山頂直下でのコーヒータイム

薬師峠テント場からナイトハイクで、熊におびえながら薬師岳に朝日を見に。

下山前に山頂直下の薬師小屋で山小屋の主人と話しながら、ドリップコーヒー飲みながら一休み

薬師岳
My camera@薬師小屋から見る薬師岳

白馬大池山荘からの出発前のコーヒータイム

栂池〜白馬大池〜白馬岳と縦走した時の白馬大池山荘泊テント場で一泊。

朝の出発前の日の出待ちのモーニングコーヒー

白馬大池
My vamera@白馬大池

徳沢園テント場でのコーヒタイム

恒例の涸沢紅葉狩りでの一コマ。

山友と二人で、テント場脇のベンチで、コーヒ飲んでまったりこん。

徳沢園キャンプ場
My camera@徳沢園キャンプ場

以上、山頂コーヒーの魅力について写真で紹介しましたが、いかがでしたか?

山頂で疲れた体を癒してくれるのはコーヒー党の僕として、コーヒーは、なくてはならない存在。

それも、インスタントじゃなくて、ドリップコーヒーが飲みたい

でも、どうしたら、軽くて簡単にドリップコーヒーを作れるか、試行錯誤を繰り返し、いきついた究極の小技を紹介しますね。



ジェットボイルでドリップコーヒー|山頂で手軽にドリップコーヒーを淹れる小技 ①装備

必須装備は①〜④の四つです。

ジェットボイルセット


①ジェットボイルZIP
②チタンコッヘル
③モンベル O.D.コーヒードリッパー
④コーヒーフィルター
⑤木製スプーン(おまけ)

ジェットボイルせット
My camera

全てまとめて0.5Lのスタッフバッグに収まります。

ジェットボイルセット
My camera

それでは、一つずつ簡単に紹介します。

①ジェットボイルZIP

僕のなくてはならない相棒です。詳細の仕様はここで確認してください!

created by Rinker
¥11,550 (2020/09/28 07:06:35時点 楽天市場調べ-詳細)

②チタンコッヘル(エバニュー チタン パスタもクッカーM)

探しに探して、ジェットボイルZIPが中へすっぽりと入るこれを見つけました。

ドリップコーヒー専用じゃなくて料理にも使いますが、ドリップコーヒー入れる際に必須。その理由は②の作り方編を見てね。

水切りが付いているのでパスタ作りにもバッチリです

チタンコッヘル
My camera

 

created by Rinker
¥4,777 (2020/09/27 12:47:47時点 楽天市場調べ-詳細)

③モンベル コンパクトコーヒードリッパー

モンベルから売りに出ている携帯用のコーヒードリッパーで重さはケースも込みで、7g。

O.D. コンパクトドリッパー
My camera

通常はこんな感じで箸を使って支えるようになってますが、安定感が悪い上、風で吹き飛ばされそうに何度もなって、山頂で使うにはイマイチ。

なので、使い方を変えています。詳細は②の作り方を見てね。

フツーのコンパクトドリッパーの使い方
My camera@オートキャンプ

 

④コーヒーフィルター

こんな、家庭用のフィルターでOKです。

コーヒーフィルタ 2−4杯

次に、この装備を使ったドリップコーヒーの作り方を説明しますね。



ジェットボイルでドリップコーヒー|山頂で手軽にドリップコーヒーを淹れる小技 ②作り方

技と言っても、わかってしまえば超簡単。

では、山で使っている時の写真を使って、順番に説明しますね。

手順1:ジェットボイルでお湯を沸かしながら、ドリップコーヒの準備

風が強い時はコッヘルの中でコーヒー粉をモンベルコンパクトドリッパーに入れる作業をすると、風よけにもなって安心。

山頂コーヒーの淹れ方
My camera

手順2:コッヘルからコンパクトドリッパーを取り出し、沸騰したお湯をコッヘルの中に入れる

コッヘルに移し替えることで、ドリップコーヒーに適温の80°ℂまで温度が下がります~。

でも、なぜ移し替えるかっていうと、次の手順を見てもらえればわかります。

手順3:ジェットボイルZIPの上にコンパクトドリッパーを乗っけて、お湯を注ぐ

ジェットボイルとコンパクトドリッパーのサイズの相性がよくてピッタリ収まるんです。

風が強くても飛ばされることはありません。

これ、究極のポイント!!

ここに行きつくまで一年くらい掛かりました(笑)。

ドリップ中
My camera

手順4:出来上がり~

後は、コンパクトドリッパーを取り出して、少し、温めなおして出来上がり。

ソロの時はそのまんま飲むことをおすすめします。

飲むときは、ネオプレーン(外側のカバー)を少し下げれば飲みやすいです。

ネオプレーンが付いているので保温性がよくて冷めにくいですが、途中で冷めてきたら温めなおせばOK。

2~3人の時は口を付ける前に、分けるようにしてくださいね(笑)。

鹿島槍山頂1
My camera@鹿島槍山頂

おまけ:後片付けのポイント

  • 使ったコーヒー豆はフィルターのまま取り出しておけば、晴れていれば、コンパクトコーヒードリッパーは5分くらいで乾きます。
  • 使ったコーヒー豆はフィルターのまま、ごみ袋に入れて持ち帰りましょう




まとめ

以上、ジェットボイルを使って、山頂で手軽にドリップコーヒーを淹れる小技を紹介しましたがいかがでしたか?

この技のおかげか、山友と行くと、山頂コーヒー係を仰せつかっています(笑)。

他にも『こんな技もあるよ!』っていうのがあれば、参考にさせていただきたいので、コメント下さいね。