車中泊におすすめのポータブル電源ランキングベスト5【2020年版】
My Camera

こんにちは、山キャン情報室 管理人 亀太郎です。

車中泊やキャップシーンではこんな事ってよくありますよね?

  • あっ、iPadのバッテリーが10%切ったけど充電できない!困った!
  • 冬の車中泊。寒いので電気毛布使いたい
  • 夏の車中泊。暑いので扇風機で涼みたいなぁ
  • キャンプでは電気毛布使うので、電源付きサイトしかいけないんだよねぇ

そんな時に役に立つのが、最近話題のリチウムイオン電池の大容量ポータブル電源!

でも、「高い買い物だし、どれを買っていいかわからないっ」って方も多いのではないでしょうか?

ここでは、車中泊におすすめのポータブル電源ランキングベスト5を紹介します。




速報!車中泊におすすめのポータブル電源ランキングベスト5

大容量ポータブル電源は、最近いろんなメーカーから出てますが、車中泊から選ぶポイントは5つ!

  1. 電気容量
  2. サイズ、重さ
  3. 信頼性
  4. 価格
  5. デザイン

まずは、僕のおすすめを、紹介しますね。

大容量ポータブル電源ランキングベスト5

1位:総合力No.1「Anker Power House」

2位:信頼の日本製「Lacita CITAEB-01」

3位:電気容量No.1「SmartTap PowerArQ」

4位:オシャレ度No.1「cheero Energy Carry」

5位:バランスとれた「Suaoki G500」

番外編:ウルトラパワーの「Jackery 700」

なお、順位は僕の視点でつけたもので、ランキングが低い商品も評価の高いポイントがあり、何を重視するかで異りますので、ご承知おきください

なぜ、1位がAnkerなの?3位がSmartTapなの?とか思われる方に、どうやってランキングを付けたか次に解説しますね。



車中泊におすすめのポータブル電源のランキング方法

先ほども書きましたが、ポータブル電源を選ぶポイントはこれ!

ポータブル電源を選ぶポイント

  1. 電気容量
  2. サイズ、重さ
  3. 信頼性
  4. 価格
  5. デザイン

まずは、ポータブル電源の核心となる電気容量から解説します。

 電気容量

電気容量はmAh(ミリアンペアアワー)とWh(ワットアワー)で表示されてますが、mAhはあまりなじみがないと思いますので、比較するならWhが良いと思います。

車中泊やキャンプ主体の方には400Wh以上が絶対おすすめ

例えば、定格40Wの電気毛布だと、40W×8h(時間)=320Whとなり、放電ロスを考えても、8時間はぬくぬくと過ごせます。

僕は寝る際は弱にするので(20W弱)、一晩使っても200Whも使わず、400wh以上あれば二晩程度は使えます。

Anker Power Houseと電気毛布
My Camera

 サイズ(特に高さ)・重さ

以外に盲点なのが、サイズ!実際に使う上では最も大切な評価ポイントかもしれません。

特に、車中泊派には、”高さ”が非常に大切なポイントだと思います。

例えば、僕のベッドキットの収納部分の高さは200mm弱で、それ以上の高さのバッテリだと入らない!

どこに収納するのかで変わりますが、比較する場合は、サイズ(特に、高さ)をチェックする事をお忘れなく

ポータブル電源収納高さ
ポータブル電源収納高さ

 

 信頼性

壊れても数千円のものなら諦めもつきますが、大容量ポータブルバッテリーは5万円前後!

信頼性も非常に大切なポイントですよね。

口コミを見ると、”USBポートが数回程度で使えなくなった”、”ハンドルが壊れた”とか書かれている。

実績やアフターケアも含めて、よくチェックしてください。心配な方は、日本製なら間違いないかな。

 価格

価格は、言うまでもなく、重要ポイントですよね。

商品によっては、特別セールなどで安くなるタイミングもあり、要チェック。

 色・デザイン

家族の車中泊ならあまり気にしなくていいかもしれませんが、若いキャンパーは、仲間との盛り上がりも含めて、デザインの奇抜さも重要なポイントかもしれませんね。

その他

電動コンプレッサーを使う場合などは最大電力も考慮するポイントかもしれませんが、車中泊・キャンプシーンで大事な電気毛布・扇風機・保冷庫・タブレットの充電などを主体に考える限りは、400wh以上の商品であれば十分だと思います。

なお、電気毛布を使う場合は”AC電源は正弦波が必須”ですが、今回の商品はどれも問題ありません。気になる方は、個別の商品詳細をチェックしてください。

どうやってランキングしたか?

以上解説した大容量ポータブル電源を選ぶ重要ポイントを、各々5点満点で独自に採点し、こんな感じでグラフ化して、良い点・悪い点が分かりやすくなるようにしました。

    評価方法の説明
    評価レーダーチャート

    順位付けのポイントは

    • 総合的に優れているものはどれか?(”グラフの全体の面積”)
    • 他の商品には無い”良い点”を持っているか?

    です。

    では、第一位の発表です!!!!!



    車中泊でおすすめのポータブル電源  1位:Anker Power House

    Anker Power Houseの評価レーダーチャート
    Anker Power Houseの評価レーダーチャート

    グラフのバランスも良く、総合力ではやっぱりNo.1

    Ankerはスマホの小型モバイルバッテリーなどでも実績あり、口コミにも”アフターケアーが良い”など悪い印象はありません。

    なんといってもサイズ(高さ)が14.5cmと低いことは、収納時の最大のメリット!

    スペック

    • 電気容量   :434Wh / 120,600mAh
    • サイズ、重さ :20 x 16.5 x 14.5 cm、4.2 Kg
    • メーカー   :米製
    • 色、デザイン :シルバーと黒の一色のみ
    • 価格     :¥49,800(amazon調べ)

    実は、僕もAnker Power Houseの愛用者ですが、スマートフォンなら約40回、ACコンセントからはノートPCを約15回フル充電可能で、これまで容量で困ったことはありません。

    デザインもシンプルで、車中泊やキャンプではなくてはならない存在。

    唯一の難点は、シガーソケットからの充電ができないこと。

    インバーターを別に購入してシステムを組めばできますが、最初から車内充電できるキットが付属している商品に比べると、この点がやや不満ですが、僕の様に”3泊以上はしないよ”って方には、問題ないと思います。

    Anker Power Houseと車中泊
    My Camera

    こんな高評価の口コミもあります。

    youtubeで車中泊してる方が毎回愛用していてこれあったら便利だなと思い購入に至りました。車で遠出をするとバッテリー心配なのでスマホやiPadのチャージ用に搭載しています。

    また災害時や緊急時にも役立ちそうなのでそれも理由です。少し値が高いのが難点ですがほかは満足しています。ショップさんもアフターフォローが凄く良くて購入直後でも迅速に対応して頂きました。

    この前の台風20号の時、停電になり、暑い、暗いで大変でした。

    半年前に使って充電しておいてたのを思い出し引っ張りだして見てみるとまだ90%残ってたので、早速、扇風機と一緒に買っていたLED電球を使い助かりました。

    9時間使いましたがまだ30%残ってました、本当に買っといてよかったです。

    他にもたくさん口コミあり、ココ↓に載ってますので、気になったら見てくださいね。

    Anker PowerHouse
    created by Rinker
    ¥49,800 (2020/03/28 19:55:32時点 楽天市場調べ-詳細)

    車中泊でおすすめのポータブル電源  2位:Lacita CITAEB-01

    Lacita CITAEB-01の評価レーダーチャート
    Lacita CITAEB-01の評価レーダーチャート

    形はやや武骨で細長い形ですが、なんといっても、日本製で、信頼性を売りにしているメーカーです。

    ACコンセントが3つ付いているのも、タコ足配線にしなくて済み、魅力ですよね。

    スペック

    • 電気容量   :444Wh/120,000mAh
    • サイズ、重さ :41 x 22.2 x 18.6 cm/6.3 Kg
    • メーカー   :日本製
    • 色、デザイン :黒の一色のみ
    • 価格     :¥55,800(amazon調べ)

    口コミを見てみるとやはり日本製!って方が多いです!

    この商品を選んだ理由は日本のメーカーである事と、安全性の高さです。

    写真のロケ用電源に利用し、13インMacbookPro、セカンドモニター、ルーターを全てACアダプター経由で駆動させても、半日ロケではバッテリーは1目盛しか消費しませんでした。

    カメラのバッテリー充電や、iPadの充電等を行ったとしても、丸一日のロケでも結構余裕で大丈夫だと感じました。ACアダプターを使うよりも12Vの機器はDCからの給電にしたり、USB給電の機器を利用するなどすればかなり豊富な機材セットが組めると思います。

    今まで使っていたのと比べてずいぶん軽くてコンパクトでおまけに大容量で期待以上でした。

    電気毛布で試してみたところ期待どおりの結果で一安心。時々ファンが回りますがとても静かでうれしいです。デザインも大変気に入りました。

    ACアダプターの発熱もこんなものだと感じ問題ありませんでした。不満点は取説が読みにくく簡潔すぎるところですしょうか。充電時間が7時間ですがもう少し早くできるということなしです。

    これで四国88か所 車中泊 巡り楽しみです。

    他にもたくさん口コミあり、ココ↓に載ってますので、気になったら見てくださいね。

    Lacita CITAEB-01
    created by Rinker
    ¥55,800 (2020/03/27 22:10:44時点 楽天市場調べ-詳細)



    車中泊でおすすめのポータブル電源 3位:SmartTap PowerArQ

    SmartTapの評価レーダーチャート
    SmartTapの評価レーダーチャート

    なんといっても、大容量が最大の魅力で、正直なところ、SmartTapを1位にしたいと思ってました。

    色もいろいろあり、デザイン性も良いのも大きな魅力。

    また、シガーソケットを使った充電が可能で、キャンプや車中泊の連泊も可能。

    僕がAnkerを買ったときはまだ無かったのですが、もしあれば、こちらの商品を買っていたような気がします。

    スペック

    • 電気容量   :626Wh/174,000mAh
    • サイズ、重さ :30 x 24.2 x 19.3 cm、6 Kg
    • メーカー   :中国製
    • 色、デザイン :黒、オレンジ、アイボリーなどあり
    • 価格     :¥66,000(amazon調べ)

    口コミを見ても、容量に大満足って方が多いです。

    電気敷布8時間+ワンセグテレビ6時間で約56%使用!二日間は使用できます、良い商品です!

    サブバッテリーは高価でどうにかならないかと。真冬の車中泊で電気毛布をと購入しました。

    ダニパンチで一晩中(10時間以上)使って残は何と30%も残っていました。RVパークを利用していましたがワンコ連れがメインのため天気が気になります。

    思い立ったら予約無し、深夜でもチェックインも気にせずポータブルバッテリーのおかげで自由に縛られずプチキャンしてます。

    他にもたくさん口コミあり、ココ↓に載ってますので、気になったら見てくださいね。

    SmartTap PowerArQ
    created by Rinker
    ¥66,000 (2020/03/27 22:10:44時点 楽天市場調べ-詳細)

    車中泊でおすすめのポータブル電源 4位:cheero Energy Carry

    Cheeroの評価レーダーチャート
    Cheeroの評価レーダーチャート

    サイズが大きく劣るものの、なんといっても、この商品の良さはデザインの奇抜さで、若者向きかも。

    日本製だということもポイントですね。

    スペック

    • 電気容量   :500Wh /139,200mAh
    • サイズ、重さ :35.6 x 32.8 x 23.4 cm/5.4 Kg
    • メーカー   :日本製
    • 色、デザイン :黒&黄色、ユニークな形、
    • 価格     :¥54,800(amazon調べ)

    口コミでは、やや、気になる評価も。

    仕事で使うため購入。2台必要だったので、Anker Power House と同時に購入しました。

    入力:充電時間はほぼ一緒です。

    出力:ノートパソコンを朝の8時半から18時までの使用での結果は、残がcheeroは30%台、Ankerは50%以上残っていました。cheero(139,200mAh):Anker(120,600mAh )ですよね?

    むむむ~???という感じになりました。

    出先で朝から夕方までノートパソコン使いっぱなしということもないので、こちらの求める容量は満足はしています。

    若干ですが外れ個体を引いたかもしれませんね。

    他にもたくさん口コミあり、ココ↓に載ってますので、気になったら見てくださいね。

    cheero Energy Carry
    created by Rinker
    ¥54,800 (2020/03/27 22:10:44時点 楽天市場調べ-詳細)

    車中泊でおすすめのポータブル電源 5位:Suaoki G500

    Suaoki G500の評価レーダーチャート
    Suaoki G500の評価レーダーチャート

    他の商品と独自で比較したため、最下位となってしまいましたが、SuaokiはG500以外にも、大容量で低価格な商品も出しており、バランスのとれた注目のメーカーだと思います。

    是非、他の商品もチェックしてみてください。

    スペック

    • 電気容量   :500Wh /137700mAh
    • サイズ、重さ :28.2 x 21 x 18.9 cm、7.7 Kg
    • メーカー   :中国製
    • 色、デザイン :シルバー一色
    • 価格     :¥59,880(amazon調べ)

    シガーソケットから充電もできますが、こんな口コミも多く少し心配です。個人的にはこの商品に限らずシガーソケットからの充電は充電時間もかかるようですし、あまりお勧めしません。

    現在ACアダプターで充電していますが、皆様が書いておられるように、やはりかなり発熱していて、
    手で触れないほどで、これ、本当に大丈夫?・・・というレベルです。

    サイズや重量については全く問題ないと思います。非常にコンパクトで持ち運んでもむしろ軽く、またデザインもかなり優れています。

    他にもたくさん口コミあり、ココ↓に載ってますので、気になったら見てくださいね。

    車中泊でおすすめのポータブル電源 番外編 :Jackery 700

    価格が8万円近いので、番外編となりますが、これを紹介しないわけにはいかないでしょう。

    Jackery 700の評価レーダーチャート
    Jackery 700の評価レーダーチャート

    Jackeryは、2012年にAppleの元バッテリエンジニアにより米国シリコンバレーで設立された最先端のバッテリー。

    なんといっても、パワーが圧倒的で、定格500W/ 瞬間最大1000Wという優れもので、ドライヤーもクールなら普通に動くそうです。

    スペック

    • 電気容量   :700Wh/194400mAh
    • サイズ、重さ :30 x 19.3 x 19.2 cm、6.3 Kg
    • メーカー   :米製
    • 色、デザイン :オレンジ&ブラック
    • 価格     :¥79800(amazon調べ)

    ウルトラパワーの割には、サイズ/重さも比較的小さく、価格が8万円近いことを除けば、亀太郎イチオシのポータブル電源です。

    口コミも高評価が非常に多いです。思い切ってこれを購入するのもいいかも!

    キャンプ用に購入!車中泊やキャンプで普通に炊飯器が使えることになります。一日中使用しても十分余裕で使用できます。

    容量も大きく、安心して使えます!思ったよりもコンパクトで軽くて持ち運びに優れています。大満足です!これからキャンプで使用するのを楽しみにしてます。

    思ってた以上に活躍してくれたので購入して本当に良かった商品です。

    他にもたくさん口コミあり、ココ↓に載ってますので、気になったら見てくださいね。



    まとめ

    以上、車中泊のポータブル電源として電気毛布まで使えるおすすめのポータブル電源を紹介しましたが、いかがでしたか?

    価格も5万円前後と決して安い買い物ではないので、この記事は参考とした上で、じっくり選んでください。

    ここでは、400wh/5万円前後の商品に絞りましたが、最近はいろんな種類も出ており、ここで紹介していない商品もたくさんありますので、こんなサイトも要注目かもしれません。

    なお、電気毛布を使った際に、ポータブル電源を長持ちさせる使い方についてはココ↓に詳しく書いてますので、良かったらどうぞ。

    車中泊で電気毛布の使い方|電気毛布とポータブル電源は冷気にさらすとNG