車中泊におすすめのポータブル電源ランキング5選【2020年版】
My Camera

こんにちは、山キャン情報室 管理人 亀太郎です。

車中泊やキャンプで、こんな事ってよくありますよね?

  • 冬の車中泊。寒いので電気毛布使いたい
  • 夏の車中泊。暑いので扇風機で涼みたいなぁ
  • キャンプでは電気毛布使うので、電源付きサイトしかいけないんだよねぇ

そんな時に役に立つのが、最近話題のリチウムイオン電池の大容量ポータブル電源。でも、「高い買い物だし、どれを買っていいかわからないっ」って方も多いのではないでしょうか?

ここでは、車中泊におすすめのポータブル電源ランキング5選を独自にランキングして紹介します。





車中泊におすすめのポータブル電源ランキング|独自のランキング方法

    評価方法の説明
    評価レーダーチャート

    ここでは、ポータブル電源を選ぶ5つのポイントを、各々5点満点で独自に採点し、グラフ化してランキング。

    5つのポイントとは、こんな↓感じです。

    ①電気容量

    Anker Power Houseと電気毛布
    My Camera

    車中泊やキャンプ主体の方には400Wh以上が絶対おすすめ

    例えば、定格40Wの電気毛布だと、40W×8h(時間)=320Whとなり、放電ロスを考えても、8時間はぬくぬくと過ごせます。

    僕は寝る際は弱にするので(20W弱)、一晩使っても200Whも使わず、400wh以上あれば二晩程度は使えます。

    ②サイズ(特に高さ)・重さ

    ポータブル電源収納高さ
    ポータブル電源収納高さ

    意外に盲点で、実際に使う上では最も大切な評価ポイントなのが、サイズ。

    特に、車中泊派には、”高さ”が非常に大切なポイント

    例えば、僕のベッドキットの収納部分の高さは200mm弱で、それ以上の高さのバッテリだと入りません。

    ③信頼性

    壊れても数千円のものなら諦めもつきますが、大容量ポータブルバッテリーは5万円前後。信頼性も非常に大切なポイント。

    口コミを見ると、”USBポートが数回程度で使えなくなった”、”ハンドルが壊れた”とか書かれているののも。

    実績やアフターケアも含めて、よくチェックしてください

    ④価格

    価格は、言うまでもなく、重要ポイント。商品によっては、特別セールなどで安くなるタイミングもあり、要チェック。

    ⑤色・デザイン

    若いキャンパーさんには、仲間との盛り上がりも含めて、デザインの奇抜さも重要なポイントかもしれません。

    では、第一位の発表です!!!!!



    車中泊でおすすめのポータブル電源ランキング|1位:Anker Power House

    バランス良く、総合力ではやっぱりNo.1。Ankerはスマホの小型モバイルバッテリーなどでも実績あり、アフターケアーもよく悪い印象はありません。

    なんといってもサイズ(高さ)が14.5cmと低いことは、収納時の最大のメリット。

    Anker Power Houseの評価レーダーチャート
    Anker Power Houseの評価レーダーチャート

    スペック

    • 電気容量   :434Wh / 120,600mAh
    • サイズ、重さ :20 x 16.5 x 14.5 cm、4.2 Kg
    • メーカー   :米製
    • 色、デザイン :シルバーと黒の一色のみ
    • 価格     :¥49,800(amazon調べ)

    僕も愛用者ですが、スマートフォンなら約40回、ACコンセントからはノートPCを約15回フル充電可能で、容量で困ったことはありません。

    唯一の難点は、シガーソケットからの充電ができないこと。インバーターを別に購入してシステムを組めばできますが、最初から車内充電できるキットが付属している商品に比べると、やや不満。

    Anker Power Houseと車中泊
    My Camera

    こんな高評価の口コミもあります。

    車で遠出をするとバッテリー心配なのでスマホやiPadのチャージ用に搭載しています。ショップさんもアフターフォローが凄く良くて購入直後でも迅速に対応して頂きました。。。

    この前の台風20号の時、停電になり、暑い、暗いで大変でした。まだ90%残ってたので、早速、扇風機と一緒に買っていたLED電球を使い助かりました。9時間使いましたがまだ30%残ってました、本当に買っといてよかったです。

    詳細はここ↓

    created by Rinker
    ¥49,800 (2020/09/27 13:03:57時点 楽天市場調べ-詳細)

    車中泊でおすすめのポータブル電源ランキング|2位:Lacita CITAEB-01

    形はやや武骨で細長い形ですが、なんといっても、日本製で、信頼性を売りにしているメーカーです。

    ACコンセントが3つ付いているのも、タコ足配線にしなくて済み、魅力ですよね。

    Lacita CITAEB-01の評価レーダーチャート
    Lacita CITAEB-01の評価レーダーチャート

    スペック

    • 電気容量   :444Wh/120,000mAh
    • サイズ、重さ :41 x 22.2 x 18.6 cm/6.3 Kg
    • メーカー   :日本製
    • 色、デザイン :黒の一色のみ
    • 価格     :¥55,800(amazon調べ)

    口コミを見てみるとやはり日本製!って方が多いです!

    この商品を選んだ理由は日本のメーカーである事と、安全性の高さです。写真のロケ用電源に利用し、半日ロケではバッテリーは1目盛しか消費しませんでした。

    電気毛布で試してみたところ期待どおりの結果で一安心。時々ファンが回りますがとても静かでうれしいです。デザインも大変気に入りました。不満点は取説が読みにくく簡潔すぎるところですしょうか。

    詳細はここ↓

    created by Rinker
    ¥47,840 (2020/09/27 14:12:57時点 楽天市場調べ-詳細)



    車中泊でおすすめのポータブル電源ランキング|3位:SmartTap PowerArQ

    なんといっても、大容量が最大の魅力で、正直なところ、SmartTapを1位にしたいと思ってました。

    また、シガーソケットを使った充電が可能で、キャンプや車中泊の連泊も可能。

    僕がAnkerを買ったときはまだ無かったのですが、もしあれば、こちらの商品を買っていたような気もします。

    SmartTapの評価レーダーチャート
    SmartTapの評価レーダーチャート

    スペック

    • 電気容量   :626Wh/174,000mAh
    • サイズ、重さ :30 x 24.2 x 19.3 cm、6 Kg
    • メーカー   :中国製
    • 色、デザイン :黒、オレンジ、アイボリーなどあり
    • 価格     :¥66,000(amazon調べ)

    口コミを見ても、容量に大満足って方が多いです。

    電気敷布8時間+ワンセグテレビ6時間で約56%使用!二日間は使用できます、良い商品です!

    サブバッテリーは高価でどうにかならないかと。真冬の車中泊で電気毛布をと購入しました。ダニパンチで一晩中(10時間以上)使って残は何と30%も残っていました

    詳細はここ↓

    車中泊でおすすめのポータブル電源ランキング|4位:cheero Energy Carry

    サイズが大きく劣るものの、なんといっても、この商品の良さはデザインの奇抜さで、若者向きかも。

    日本製だということもポイントですね。

    Cheeroの評価レーダーチャート
    Cheeroの評価レーダーチャート

    スペック

    • 電気容量   :500Wh /139,200mAh
    • サイズ、重さ :35.6 x 32.8 x 23.4 cm/5.4 Kg
    • メーカー   :日本製
    • 色、デザイン :黒&黄色、ユニークな形、
    • 価格     :¥54,800(amazon調べ)

    口コミでは、やや、気になる評価も。

    仕事で使うため購入。2台必要だったので、Anker Power House と同時に購入しました。ノートパソコンを朝の8時半から18時までの使用での結果は、残がcheeroは30%台、Ankerは50%以上残っていました。

    詳細はここ↓

    車中泊でおすすめのポータブル電源ランキング|5位:Suaoki G500

    他の商品と独自で比較したため、最下位となってしまいましたが、SuaokiはG500以外にも、大容量で低価格な商品も出しており、バランスのとれた注目のメーカーだと思います。

    Suaoki G500の評価レーダーチャート
    Suaoki G500の評価レーダーチャート

    スペック

    • 電気容量   :500Wh /137700mAh
    • サイズ、重さ :28.2 x 21 x 18.9 cm、7.7 Kg
    • メーカー   :中国製
    • 色、デザイン :シルバー一色
    • 価格     :¥59,880(amazon調べ)

    シガーソケットから充電もできますが、こんな口コミも多く少し心配です。個人的にはこの商品に限らずシガーソケットからの充電は充電時間もかかるようですし、あまりお勧めしません。

    現在ACアダプターで充電していますが、皆様が書いておられるように、やはりかなり発熱していて、手で触れないほどで、これ、本当に大丈夫?・・・というレベルです。サイズや重量については全く問題ないと思います。

    詳細はここ↓

    車中泊でおすすめのポータブル電源ランキング|番外編 :Jackery 700

    価格が8万円近いので、番外編となりますが、これを紹介しないわけにはいかないでしょう。

    Jackeryは、2012年にAppleの元バッテリエンジニアにより米国シリコンバレーで設立された最先端のバッテリー。

    パワーが圧倒的で、定格500W/ 瞬間最大1000Wという優れもので、ドライヤーもクールなら普通に動くそうです。

    Jackery 700の評価レーダーチャート
    Jackery 700の評価レーダーチャート

    スペック

    • 電気容量   :700Wh/194400mAh
    • サイズ、重さ :30 x 19.3 x 19.2 cm、6.3 Kg
    • メーカー   :米製
    • 色、デザイン :オレンジ&ブラック
    • 価格     :¥79800(amazon調べ)

    ウルトラパワーの割には、サイズ/重さも比較的小さく、価格が8万円近いことを除けば、亀太郎イチオシのポータブル電源です。

    口コミも高評価が非常に多いです。思い切ってこれを購入するのもいいかも!

    キャンプ用に購入!車中泊やキャンプで普通に炊飯器が使えることになります。一日中使用しても十分余裕で使用できます。容量も大きく、安心して使えます!思ったよりもコンパクトで軽くて持ち運びに優れています。

    詳細はここ↓

    created by Rinker
    ¥79,800 (2020/09/28 10:15:03時点 楽天市場調べ-詳細)



    まとめ

    以上、車中泊におすすめのポータブル電源ランキング5選を紹介しましたが、いかがでしたか?

    価格も5万円前後と決して安い買い物ではないので、この記事は参考とした上で、じっくり選んでください。

    なお、電気毛布を使った際に、ポータブル電源を長持ちさせる使い方についてはココ↓に詳しく書いてますので、良かったらどうぞ。

    車中泊で電気毛布の使い方|電気毛布とポータブル電源は冷気にさらすとNG